有痛性外脛骨の治療について

有痛性外脛骨の治療について

有痛性外脛骨とは

外脛骨とは足の舟状骨という骨の内側に存在する過剰骨(普通にはない余分な骨)で、15~20%の人に認められます。
多くは骨の出っ張りがみられるだけですが、これに痛みを伴うような病態を有痛性外脛骨と言います。
有痛性外脛骨は若年性のスポーツ障害として数多く見られる疾患の一つですが、成人になって疼痛が発症することも少なくありません。
捻挫を契機として足部内側に疼痛が出現しますが、ときに明らかな誘因がなく痛みが生じることもあります。
足部内側には疼痛を伴う骨性の隆起が認められ、扁平足を伴うことが殆どです)。

有痛性外脛骨の原因

多くは捻挫を契機として足部内側に疼痛が出現します。
その他には、扁平足や回内足といったアライメント不良によって負担がかかり疼痛を生み出す場合もある。

続きを読む

マレット指の治療について

マレット指の治療について

マレット指とは

マレット指とは、指のDIP関節(一般的にいう第1関節)が曲がって完全伸展できない変形のこといいます。
指伸展位で指先(主につめ側)にボールが当たるなどしてDIP関節に屈曲方向のストレスが加わったときに、末節骨に付着している伸筋腱が断裂したり)、ときに剥離骨折を伴ったり、指の変形(マレット変形)や可動域制限(完全伸展不可能)をきたしたりします。

マレット指の原因

野球、ソフトボール、バスケットボール、バレーボールなどの球技スポーツに多く、床やグラウンドでバウンドしたボールが指先を直撃し、DIP関節部にストレスが加わって発生します。

続きを読む

腰椎分離症の治療について

腰椎分離症の治療について

腰椎分離症とは

腰椎の椎間板の後方の椎間関節のついてる部分を椎弓と言います。
椎体と椎弓の間には椎弓根がありますが、 椎弓の部分で骨の連続性が断たれてしまい、椎体と椎弓が離れてしまった状態を「腰椎分離症」と呼びます。
腰椎分離症は中学生ぐらいのスポーツ選手に発症しやすい腰痛の一つであり、ヘルニアのような神経痛ではないが、スポーツのし過ぎで発症しやすい。

腰椎分離症の原因

腰部の繰り返しのスポーツ動作によるストレスで起こる関節突起間部の疲労骨折であり、発育期のオーバートレーニングによる場合が多い。
ただし、誰にでも起こるわけではなく体質的な要素もあります。
まれに先天的(生まれつき)に分離している場合もあり、その場合には椎体や椎弓の形態異常を認めることが多いです。
また、両側(左右)分離症の場合は、将来的に腰椎すべり症に移行しやすいのでさらなる注意が必要です。

続きを読む

突き指の治療について

突き指の治療について

突き指とは

スポーツをしていて、特にボールを扱うスポーツをする人では、一度は“突き指”をした事があるでしょう。
突き指というと何か納得する場合がありますが、実はこの突き指…「ケガの名前」ではなく「ケガの仕方」です。
指を突いてしまい、痛めてしまったもの…それが「突き指」と言われるもので、この「突き指」の中に 捻挫や骨折などのケガが含まれています。
激しい骨折ならば症状もはっきりしますが、「骨折」と「捻挫」の境目の「突き指」が実は一番厄介なのです。
指の骨は思っている以上に弱いです。特に指の骨の端は骨折していることが多々あります。
また、成長期の子供の骨は更に弱く、「突き指だから…」と軽くみることは大変危険なのです。

突き指の原因

突き指の原因には、ボールを取り損ねて痛めた・転んで手を突いて痛めたなど日常生活においてよくありそうな場面で発生します。
その大きな外力が指の関節に過度に負荷がかかり、周辺の靭帯や軟部組織が損傷した結果、痛みや腫れが出てきます。
これが突き指になる仕組みです。

続きを読む

坐骨神経痛の治療について

坐骨神経痛の治療について

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛は腰痛とともに足の痛みと痺れが起こるのが特徴です。
坐骨神経痛の原因はひとつではありません。
坐骨神経のどこかの部分で神経を圧迫して発生するため、腰で神経が圧迫されている方やお尻の筋肉によって神経が圧迫されている方など、人によって原因が異なります。

坐骨神経痛の原因

原因は神経の圧迫ですが、腰~お尻~太もものどこかで神経が圧迫され坐骨神経に沿って痛み、シビレが生じます。
そのため、一言で挫骨神経痛といっても原因は様々であり、適切な原因解明が必要と言えます。
多くの場合は、腰部かおしりにて神経が圧迫されていることが多いです。

続きを読む

足関節捻挫の治療について

足関節捻挫の治療について

足関節捻挫とは

捻挫とは、関節に加わる外力により靱帯や関節包を損傷することです。
足関節捻挫(靱帯損傷)はスポーツによる急性外傷としては最も頻度が高く、かつ重症度の高い障害ですが、軽視され慢性化する場合が多いので注意を要します。

足関節捻挫の原因

足関節は外反より内反方向に可動性が高い関節です。
そのため、滑ったり、足の上に乗ったりすると、急激な内反方向にもっていかれて外側にある前距腓靭帯などが伸びたり断裂します。
多くが外側の靭帯が損傷する内反捻挫です。
バレーボールやバスケットボール競技で特に多く発生します。
ジャンプの着地時に人の足の上に乗り、足関節の内反が強制されて起こる場合が最も重症です。
床で滑って足をひねった場合(自損例)は中等症の損傷が多く、サッカー、ラグビー、アメリカンフットボールなどにみられる接触プレーをはじめ、野球のスライディング、体操競技、テニスに多く発生します。
ときに、外反が強制された内側の損傷例もあります。

続きを読む

野球肩の治療について

野球肩の治療について

野球肩とは

「野球肩」とは別名「投球障害肩」ともいい、野球選手だけでなくオーバースローイング動作を行うスポーツ全てに起こるスポーツ障害です。
バレーボール・テニス・アメリカンフットボール・陸上のやり投げ・水泳など、様々な競技で発症する可能性があります。
「野球肩」はオーバースローイングの反復による肩関節への過度のストレスによって引き起こされます。
つまり、正しい肩の使い方ができていない場合、適切なケアができていない場合などに頻発します。

野球肩の原因

野球肩の原因は、オーバースローイングの反復のよる肩関節への過度のストレスによるものです。
過度のストレスがかかってしまう要因として、肩甲骨・胸椎の柔軟性・股関節を中心とした下肢の柔軟性などが挙げられます。
カラダ全体で腕を捻ることが出来れば、肩関節のみに加わるストレスは軽減することが出来ますが、柔軟性が低下していると肩関節に加わるストレスが増加してしまい野球肩を引き起こします。

続きを読む

アキレス腱炎の治療について

アキレス腱の治療について

アキレス腱炎とは

「アキレス腱炎」とはランニングやジャンプ等の動作を繰り返すことによってアキレス腱に炎症が生じます。
いわゆる、オーバーユース症候群の1つです。
様々なスポーツでおこりうるケガであり、「ジャンプ」「ダッシュ」「ターン」などはアキレス腱への負荷が大きく、繰り返しの練習などでアキレス腱やその周囲の組織に炎症を起こしてしまいます。
アキレス腱は人体の中で一番太く頑丈な腱ですが、パラテノンという薄い膜で覆われていてこの部分に炎症を生じた場合を「アキレス腱炎」または「アキレス腱周囲炎」といいます。

アキレス腱炎の原因

オーバーユース症候群の1つのため、使い過ぎが主な原因で運動による過度な負担や疲労の蓄積によって発症します。
また、足首の不安定性も関与しており、慢性的に足首捻挫を繰り返しているかたも起こしやすいです。
中高年以上の年代の方に多い原因としては、加齢による腱や筋肉の脆弱化も挙げられます。

続きを読む

シンスプリントの治療について

シンスプリントの治療について

シンスプリントとは

シンスプリントとは、すねの内側にでる痛みことで過労性(脛骨)骨膜炎、過労性脛部痛、脛骨内側症候群などとも呼ばれています。
すべてのスポーツ選手における下腿障がいの60%を占めるとの発表がある様に、スポーツ選手・愛好家には頻度の多い疾患です。

シンスプリントの原因

オーバーユース症候群の1つで、繰り返しのランニングやジャンプを行った場合に発症しやすい障害です。
過度の運動量、運動時間、運動内容、日数またはフォームの変更、硬い路面、薄く硬いシューズ(踵の摩耗)、下肢の形態異常(O脚、回内足、扁平足など)、下腿三頭筋の柔軟性低下、股・膝・足関節の柔軟性低下、足関節可動制限などの誘因が重なることで発症します。
部活などに入りたての新入部員などに多くみられるため、急激な運動量増加が一番悪い影響を及ぼしています。
発症するメカニズムとして、下腿内側筋群の疲労による柔軟性低下、特にヒラメ筋を主として後脛骨筋、長趾屈筋付着部が脛骨の表面を覆う骨膜を牽引して微細損傷(骨膜炎)をきたし、下腿内側の痛みを発生させるものと考えられます。

続きを読む

ジャンパー膝の治療について

ジャンパー膝の治療について

ジャンパー膝とは

ジャンパー膝とは名のごとく、バレーボールやバスケットボールなどでジャンプや着地動作を頻繁に行う競技や、サッカーのキック動作やダッシュなどの走る動作を繰り返したりするスポーツに多くみられる、オーバーユースに起因する膝のスポーツ障害です。
正式名称は「膝蓋靭帯炎」または「大腿四頭筋腱付着部炎」といいます。

ジャンパー膝の原因

大腿四頭筋の柔軟性低下が大きな要因になります。
特に成長期の子供では、骨の成長に筋肉の成長が追いつかずに結果的に筋肉が硬い状態を招いた結果、その負担が末梢の膝蓋骨周辺かかることで起こる障害です。

ジャンパー膝が発症するメカニズムは、ジャンプやダッシュなどによる膝関節の屈伸動作を何度も何度も繰り返すことで膝の伸びる仕組み(大腿四頭筋が引っ張られることで膝蓋骨、膝蓋腱、脛骨粗面にまで牽引力が加わる)に過度な牽引力が繰り返し加わることで、膝蓋骨周辺に微細損傷を引き起こします。

図:ジャンパー膝が発症するメカニズム
ジャンプやダッシュなどによる膝関節の屈伸動作を何度も何度も繰り返すことで膝の伸びる仕組み(大腿四頭筋が引っ張られることで膝蓋骨、膝蓋腱、脛骨粗面にまで牽引力が加わる)に過度な牽引力が繰り返し加わることで、膝蓋骨周辺に微細損傷を引き起こします。

続きを読む

受付時間:平日は夜9時30分まで受付!
受付時間:平日は夜9時30分まで受付!