肉離れの痛みを最短で治す治療法

肉離れ3連

 

肉離れを最短で治す治療法

今回は肉離れを最短で治す治療法を紹介しよう。肉離れは適切な治療を行い、スポーツ復帰が出来るようになるまでリハビリを行うことで、最短でスポーツ復帰したときにパフォーマンスを落とさずに全力でプレーをすることが出来るようになる。

肉離れを最短で治す治療法で1番大事なのはすぐに接骨院、整形外科で治療を受けるということだ。そんな当たり前のことと思われる人もいると思うが、肉離れは自己判断で様子をみる人がかなり多い。この肉離れは「肉離れならたいしたことないかな」と思う人が多く、放置されやすいケガの一つである。たしかに治療をしなくても痛みは軽減していくが、肉離れは程度によってスポーツへの復帰期間や治療方法が変わるもの。肉離れを起こしているにもかかわらず運動を続けたり、適切な治療やリハビリを行わずに早期に運動を開始したりすることで、なかなか治りきらない、治りかけの肉離れの部分を再発させてしまったり、また肉離れを起こしてしまった部分の周りの筋肉がケガをしやすくなるため、そこをまた痛めたりと実はやっかいなケガなのである。
特にスポーツに力を入れている人はパフォーマンスが著しく落ちたり、肉離れの再発を繰り返すなど満足に体を動かせないことになってしまう。
肉離れをしてしまったあとにすぐに治療を受ける必要がある大きな理由は肉離れしてしまった筋肉に瘢痕組織というしこりを作らないためだ。
肉離れした部分にしこりができないようにすることは肉離れの治療で最も大事なことである。筋肉が肉離れを起こすと肉離れをして切れた部分に、筋肉を再生させるための細胞が増殖してきて、瘢痕組織というものができる。この瘢痕組織というのは筋肉とはちがうので、初期のころは柔軟性に乏しい組織。また肉離れ後には出血が起き、血腫が出来る。この血腫が大きいほど、瘢痕組織が大きくできてしまう。

損傷した部分を瘢痕組織が埋める

続きを読む

膝の下が痛くなる3つの原因とは?

膝の下が痛くなる原因はひとつではありません。
膝の下が痛くなる原因は、大きく分けて3つあります。
その原因によって処置も変わるため、あなたの膝の下の痛みの原因をしっかり突き止めなければいけません。
このページでは、そんな膝の下が痛くなる原因の紹介や原因の見極め方を紹介します。

膝の下が痛くなる3つの原因とは?

1、膝の下が痛くなる原因をみていこう!

膝の下が痛くなる原因は、大きく分けて3つあります。

1-1、膝蓋靱帯炎(ジャンパー膝)

まず、一つ目の原因として挙げられるのが膝蓋靱帯炎である。
また、ジャンパー膝とも呼ばれバレーボールやバスケットボールといった跳躍競技に多く見られる。
ジャンパー膝について詳しくは、「ジャンパー膝を早期に治す治療法」をご覧下さい。

1-2、オスグッド病

2つ目の原因として考えられるのはオスグッド病である。
オスグッド病は、小学生から中学生の子供に見られる疾患である。
オスグッド病について詳しくは、「成長痛ではない!?オスグッド病を早期に治す治療法」をご覧下さい。

1-3、膝蓋下脂肪体炎

三つ目の原因をして、膝蓋下脂肪体炎が挙げられる。
膝蓋下脂肪体炎は、膝の曲げ伸ばしを多いする方に多く見られます。
膝蓋下脂肪体炎について詳しくは、「膝の下が痛くなる膝蓋下脂肪体炎とは?」をご覧下さい。

続きを読む

膝がパキパキ鳴るタナ障害とは?

しゃがんだときや膝を曲げた時など、膝がパキパキ鳴って痛いという経験はないだろうか?
また、痛くはないが膝がしっかりしていない感じで不快と感じているのではないでしょうか?
その症状は、タナ障害と呼ばれる疾患かもしれませんよ。
そのパキパキなる原因は、膝の中にある滑膜ヒダが引っかかってしまっているのです。
今回は、そんな膝がパキパキ鳴るタナ障害の症状や原因について紹介していきたいと思います。

膝がパキパキ鳴るタナ障害とは?

1、タナとは?

膝関節は、太もものある「大腿骨」とふくらはぎにある「脛骨・腓骨」とお皿と呼ばれる「膝蓋骨」の4つの骨から構成されています。
そして、この膝の関節の中に存在するのが滑膜ヒダです。
このヒダが、モノを載せるための棚のように見えることから「タナ」と呼ばれています。
この滑膜ヒダは、胎児が母親の胎内にいるときに一時的に作られるので、出産後に約半数を胎児は、そのまま滑膜ヒダが残ると言われています。
そのため、この滑膜ヒダはこれといった大きな機能を持たないためそのままにしておいても特に悪い影響はありません。

ただし、「タナ障害」になってしまうと膝がパキパキ鳴って痛みを発生させることがあるのです。

続きを読む

膝の下が痛くなる膝蓋下脂肪体炎とは?

膝蓋下脂肪体炎はあまり聞き慣れない傷病名ですが、膝の痛みの原因となる1つの疾患です。
「膝を伸ばしきると膝が痛い」
「膝のお皿の下あたりが痛む」
などといった症状を感じているのではあれば、膝蓋下脂肪体炎かもしれません。
膝の関節の中には脂肪体と呼ばれる組織があり、腱や関節の動きを良くする機能があります。
しかし、膝をケガした後やなにかしらの原因によって脂肪体の機能がきちんと機能しなくなってしまいます。

このページでは、そんな膝蓋下脂肪体炎が起こってしまう原因や膝に痛みが出る理由などを紹介していきたいと思います。

膝の下が痛くなる膝蓋下脂肪体炎について

1、膝蓋下脂肪体とは?

膝蓋下脂肪体は、膝蓋靱帯の深部にある脂肪の塊です。
大腿骨・脛骨・膝蓋骨の隙間に存在します。
膝というと、半月板や靱帯などの軟部組織が主要しされていますが、この膝蓋下脂肪体も膝の動きに重要な役割を担っています。

続きを読む

子供のかかとの痛み踵骨骨端症の治療法

お子さんがかかとを痛いと訴えてきてお困りになっていませんか?
また、病院にいったらセーバー病もしくは踵骨骨端症などと診断されて「成長期の間はうまく付き合っていくしかないよ」などと言われてしまったりしていませんか?
しかし、セーバー病(踵骨骨端症)は成長期だから成長が止まるまで痛みがなくならないわけではありません。

痛みの起こっている原因をちゃんと理解し、適切な対応とすれば痛みはなくなります。
このページでは、セーバー病(踵骨骨端症)の痛みが起こる原因から治療方法まで紹介しています。

子供のかかとの痛み踵骨骨端症の治療法

1、踵骨骨端症の症状とは?

踵骨骨端症になると、

  • かかとを押すと痛い
  • 走ると痛い
  • ジャンプすると痛い

などの症状があります。
この症状は、小学生ぐらいの子供に多く発生するため成長痛などと成長期だから仕方のない痛みと間違った認識をされてしまうことがあります。

しかし、踵骨骨端症は成長期だから必ず起こる痛みではありません。
大人になるまでにすべての人が痛くなるわけではないのです。
では、どのような原因によって痛みが発生してしまうのでしょうか?

続きを読む

腰を反らすと痛い腰痛の原因・治療法

腰を反らした時に腰が痛い経験はないでしょうか?
また、現在腰を反らすと痛く悩まられたりしませんか?
腰を反らす腰が痛くなる原因は、腰以外にあります。
また、腰を反らすと腰が痛い場合に大きな疾患が隠れている場合もあるため注意しなければなりません。
このページでは、そんな腰を反らした時に腰が痛む原因から治療法までを紹介したいと思います。

腰を反らすと痛い腰痛の原因・治療法

1、腰を反らすと痛い腰痛の原因とは?

腰を反らすと腰が痛いと感じるとどうしても腰に目が行きがちになってしまうものです。
しかし、実際に多くの患者さんを治療していくと原因は腰ではなく他の部分のあることがとても多いです。
そして、その中でも大きく分けて二つの大きな原因があることが多いのでは紹介します。

続きを読む

前かがみになると起こる腰痛の原因・治療法

前かがみになると腰が痛む人は多いのではないでしょうか?
洗面台で顔を洗うとき、下のものを拾うときなど前かがみにならなければいけない場面は日常生活に多く存在します。
また、それがきっかけでぎっくり腰を引き起こすケースをあります。
では、そんな腰痛を改善するためにどんなことが必要なのでしょうか?
このページでは、そんな前かがみで腰が痛い方の痛みを治すために大切なポイントを紹介します。

前かがみになると起こる腰痛の原因・治療法

1、前かがみの動作が正常に行えているかが重要

前かがみという動作を行う時に、人間は単純に腰を丸めているだけではありません。
カラダの中で、どの関節をどれくらい動かす・重心を移動するなど様々なことを行って前かがみをしています。
しかし、前かがみで腰が痛い方はこの様々な動作の中の何かに異常をきたしているために腰に負担がかかり痛みが発生しているのです。

そのため、前かがみでの腰痛を改善するためには前かがみを正常に行えるようにすることが大切なのです。

続きを読む

腱鞘炎をしっかり治す治療法

指や手首の痛みが治らない。
むしろ、痛みが日に日に強くなっている。。
そして、痛みのせいで家事や仕事に支障をきたしてしまっているのではないだろうか。

おそらくその痛みの原因は、腱鞘炎でしょ。
腱鞘炎と聞くと、治らないというイメージを持たれている方はとても多いですがそんなことはありません。
適切な治療を行うことで、症状は改善していきます。

「仕事で毎日パソコンを使わなければいけないから私は治らないわ」
「子供がいて毎日抱っこしなければいけないから私は治らないわ」

と、諦めないで下さい。使いすぎることだけが腱鞘炎の原因ではありません。
もし、使いすぎることが原因ならすべてのデスクワーカーやママさん達は腱鞘炎になってしまうでしょう。しかし、腱鞘炎になる方とならない方がいます。
それは腱鞘炎になるには、必ず他に原因があるからです。
その原因を改善すれば、腱鞘炎は良くなります。
このページでは、そんな腱鞘炎に悩まれている方の役立つ治療法を紹介していきます。

腱鞘炎をしっかり治す治療法

続きを読む

剥離骨折を早く治す治療法

剥離骨折は、みなさんにとても身近な骨折のひとつである。
突き指かと思ったら指を剥離骨折、ねんざをしたかと思ったら足首を剥離骨折などとちょっとしたケガかと思ったら骨折しているということはよくある。
そのため、治療をせずになかなか痛みや腫れが引かないから病院を受診したら折れていたということも少なくない。
しかし、剥離骨折も治療が遅れると骨がくっつかずに治ってしまい指が曲げづらくなってしまったり、腫れが残って治ってしまったりとのちのちに後遺症が残ってしまうことに繋がりかねない。
そうならないためにも、今回は剥離骨折を早期にしっかり治す方法を紹介しよう。

剥離骨折を早期に治す治療法

さっそく、剥離骨折を早期に治す治療法について紹介したところだが、剥離骨折について少しお話ししようかと思う。剥離骨折と言われてもどのような骨折かわからない方もいると思いますので、まずは剥離骨折についてしっかり知ろう!!

1、剥離骨折とは

骨折には、骨が二つに折れたり、ヒビが入ったり、一部分が欠け落ちたりと様々な種類があります。
今回、紹介する剥離骨折とは靭帯や筋肉の収縮によって骨の一部が剥がれ落ちてしまう骨折です。
急激な外圧が加わった場合(足首を捻る・ボールが指に当たるなど)、それに対応しようと筋肉や靭帯は伸縮しますが、あまりにも大きな力だった場合、筋肉や靭帯に繋がった一部まで損傷してしまうのです。

剥離骨折の状態の説明

続きを読む

野球肘後方型を治すための必要な知識と治療について

野球をしていてボールを投げる時に肘の後ろが痛くなっていませんか?
野球肘と聞くと、肘の内側や外側をイメージする方が多いと思いますが、肘の後方が痛くなる野球肘もあるんです。
このページでは、野球肘の中でも後方型について詳しく説明していきます。

肘の後方が痛む野球肘について

1.野球肘とは?

野球肘とは、ボールを投げたときやその後に肘がズキズキと痛みます。
肘の内側や外側などを指で押したり、肘を反らせたりしても痛みを感じます。
状態が悪化していくと肘の曲りや伸びも悪くなる場合があり、運動に制限が出てきます。

2.肘の後方が痛むタイプの野球肘 

肘の後方が痛む野球肘は、大きく分けて2つのタイプに分けることが出来ます。
まずは、その一つ一つについて説明していきます。

続きを読む

受付時間:平日は夜9時30分まで受付!
受付時間:平日は夜9時30分まで受付!