肉離れ

大腿四頭筋(太もも)の肉離れとは?原因・症状・治療などを解説

大腿四頭筋(太もも)の肉離れとは?

大腿四頭筋肉離れとは、太ももの前側にある大腿四頭筋という筋肉を損傷してしまうケガです。
サッカー・野球などのスポーツ選手によく見らますが、太ももの肉離れでは裏側にあるハムストリングスを肉離れすることのが多いです。

大腿四頭筋という筋肉は、「大腿直筋」「外側広筋」「内側広筋」「中間広筋」の4つの筋肉から構成されています。
この筋肉は主に膝を伸ばす時に働く筋肉で、スポーツ競技中では急激なダッシュ・ストップやランニング動作で損傷することが多いです。

大腿四頭筋のうち、最も受傷しやすいのは「大腿直筋」である。

大腿四頭筋(太もも)肉離れの原因

走っていて肉離れした大腿四頭筋が最も肉離れする原因は、股関節が伸展位で膝が曲がるという大腿四頭筋が最も伸ばされる肢位である。
この肢位は、走っている際に後方に蹴り出した足を前方に振り上げる切り返しの時に動きである。

そのため、ランニング動作で痛めることが多いのである。

続きを読む

脇腹肉離れとは?原因・症状・治療などを解説

脇腹肉離れとは?

脇腹肉離れとは、脇にある腹斜筋肋間筋などの筋肉を損傷してしまうケガです。
野球やテニスなどの回旋するスポーツに多く発生し、今シーズンで言えば巨人の坂本勇人選手が7月に左脇腹を肉離れして登録抹消されました。
プロ野球では、毎年何人かの選手が脇腹の肉離れを起こしてしまいます。

脇腹肉離れの原因

脇腹肉離れの原因として、

  • 脇腹の筋肉の柔軟性の低下
  • 脇腹の筋肉の筋力の低下
  • 脇腹の筋肉に対する過度なストレス(回旋動作などによる)

の3つの原因が挙げられます。

中でも、脇腹の筋肉に対する過度なストレスが大きな原因になります。
野球の動作で言えば、バッティングやピッチングなどの急激にカラダを捻る動作に際に発症します。

その中で、脇腹に筋肉の柔軟性や筋力が低下しているとリスクが更に高まります。

また、回旋動作は体幹以外に股関節にもあります。
そのため、股関節の可動域や筋力が低下していると脇腹の肉離れの原因になり得ります。

このように、様々な原因が重なって発症する事が多いでしょう。

続きを読む

ハムストリングス(太もも)肉離れとは?原因・症状・治療などを解説

ハムストリングス肉離れとは?

ハムストリングス肉離れとは、太ももの裏側にあるハムストリングスという筋肉を損傷してしまうケガです。
太ももの肉離れの70%以上が、このハムストリングスという筋肉の肉離れになります。

ハムストリングスという筋肉は、「大腿二頭筋」「半腱様筋」「半膜様筋」といった3つの筋肉より構成されています。

ハムストリングス肉離れの原因

ハムストリングス肉離れの原因は、

  • ハムストリングスの柔軟性の低下
  • ハムストリングスの筋力の低下
  • ハムストリングスと大腿四頭筋の筋力のバランスの悪さ

の3つの原因が挙げられます。

続きを読む

受付時間:平日は夜9時30分まで受付!