肉離れ

肉離れの痛みを最短で治す治療法

肉離れの治療に関する画像

 

肉離れを最短で治す治療法

今回は肉離れを最短で治す治療法を紹介しよう。肉離れは適切な治療を行い、スポーツ復帰が出来るようになるまでリハビリを行うことで、最短でスポーツ復帰したときにパフォーマンスを落とさずに全力でプレーをすることが出来るようになる。

肉離れを最短で治す治療法で1番大事なのはすぐに接骨院、整形外科で治療を受けるということだ。そんな当たり前のことと思われる人もいると思うが、肉離れは自己判断で様子をみる人がかなり多い。この肉離れは「肉離れならたいしたことないかな」と思う人が多く、放置されやすいケガの一つである。たしかに治療をしなくても痛みは軽減していくが、肉離れは程度によってスポーツへの復帰期間や治療方法が変わるもの。肉離れを起こしているにもかかわらず運動を続けたり、適切な治療やリハビリを行わずに早期に運動を開始したりすることで、なかなか治りきらない、治りかけの肉離れの部分を再発させてしまったり、また肉離れを起こしてしまった部分の周りの筋肉がケガをしやすくなるため、そこをまた痛めたりと実はやっかいなケガなのである。
特にスポーツに力を入れている人はパフォーマンスが著しく落ちたり、肉離れの再発を繰り返すなど満足に体を動かせないことになってしまう。
肉離れをしてしまったあとにすぐに治療を受ける必要がある大きな理由は肉離れしてしまった筋肉に瘢痕組織というしこりを作らないためだ。
肉離れした部分にしこりができないようにすることは肉離れの治療で最も大事なことである。筋肉が肉離れを起こすと肉離れをして切れた部分に、筋肉を再生させるための細胞が増殖してきて、瘢痕組織というものができる。この瘢痕組織というのは筋肉とはちがうので、初期のころは柔軟性に乏しい組織。また肉離れ後には出血が起き、血腫が出来る。この血腫が大きいほど、瘢痕組織が大きくできてしまう。

肉離れ後に起こる瘢痕組織

損傷した部分を瘢痕組織が埋める

続きを読む

ケガをしたときに症状を悪化させないためのRICE処置

足首を捻挫してしまった、打撲をしてしまった、肉離れをしてしまったなどケガをしてしまったときにRICE処置はしていますか?RICE処置を行わないと症状が悪化してしまいます。病院や接骨院にいくまでにRICE処置を行うことで、ケガの悪化を防ぐことができ、またケガの悪化を防ぐことが早期回復につながります。応急処置のなかでも一番大事なRICE処置というのを紹介します。

続きを読む

受付時間:平日は夜9時30分まで受付!