ハムストリング肉離れを予防する『エキセントリックヒップリフト』

今回は葛飾区こばやし接骨院で太もも裏にある筋肉ハムストリングの肉離れ後のリハビリや肉離れの再発予防で行っている『エキセントリックヒップリフト』というエクササイズを紹介します。

肉離れをしてしまったあと、スポーツに復帰したときに肉離れを再発してしまうことも多いと思います。
肉離れが再発してしまう原因は肉離れした部分にしこりが残ってしまったりといろいろありますが、1つの原因としてリハビリ不足があります。

筋肉は伸びたり縮んだりしますが、この伸び縮みするときに伸びる時は伸びる筋力、縮む時は縮む筋力が別々に必要です。
肉離れの再発を予防するためには筋肉が伸びる時に発揮する筋力を向上させることで予防することができると言われています。
『エキセントリックヒップリフト』は筋肉を伸ばす時に発揮する筋力を向上させることができ、肉離れの予防にはとても効果があります。
このトレーニングはやってみると結構きついのですが、スポーツを本格的にやっている人であればこのエクササイズを片足でできるぐらいになっておかないと肉離れの再発リスクが高まります。
リフォーマーという器具がないとできないエクササイズではありますが、ハムストリングスの肉離れの再発に悩まれている方にはおススメです!

腰痛を抱えている人に『プランク』をオススメしない理由|葛飾区こばやし接骨院

腰痛を改善するために『プランク』を行っている人も多いと思いますが、腰痛を抱えている人は『プランク』をやらないほうがいいです。

なぜ『プランク』が腰痛の人にオススメしないかは『プランク』のトレーニングが体を固め筋肉を過緊張させるエクササイズだからです。
『プランク』は体幹を鍛えるためのとても良いトレーニングです。
『プランク』のような体を固める動きが必要がなのはラグビーのタックルやサッカーでタックルを受けた時に踏ん張るときなどですが、体を固めるというのは筋肉に大きな負担がかかります。

下記の写真を見て下さい。
腰痛になってしまうほとんどの人は写真のような姿勢になっています。

胸を張り、背骨全体が反っている

骨盤が前に出ていて、腰が反っている

この2つの写真は見た目はちがう姿勢にみえますが腰が反っていて、腰周りの筋肉が過緊張しているところは一緒です。
これらの姿勢の人は普段から生活しているときに体を固めて『プランク』をしながら過ごしているようなものなので、腰の筋肉が緊張しています。
普段から腰の筋肉が緊張している人に『プランク』を行ったら、さらに腰の筋肉が緊張して腰痛が悪化してしまいます。

『プランク』を行うことで鍛えらえれる筋肉は普段の生活やスポーツ動作の中でも必要なものです。
しかし腰痛を改善するためのエクササイズとしては向いていません。
またチームのトレーニングメニューで体幹を鍛える際に『プランク』を行うことも多いと思いますが、腰痛がある人がこのエクササイズを行うと腰痛が悪化するので注意が必要です。

腰痛がある人はまず腰痛を改善するエクササイズを行い、腰痛が改善したあとに『プランク』を行うと効果的です!

肉離れを予防するために効果的な4つの方法

運動中にふくらはぎに激痛が!!
肉離れをしてしまった経験はないだろうか。

出来ることなら肉離れなんてしたくないですよね。
肉離れを完全に起こさないようにすることは出来ませんが、いくつかの方法で肉離れする可能性をグッと下げることは可能です。

今回は、そんな肉離れを予防する方法について紹介します。

肉離れを予防する4つの方法

肉離れは、今からお話しするポイントに行えば予防することが可能です。
何も意識しない状態と比べるとかなり肉離れを起こす可能性を下げることが出来ます。
しかし、あくまで予防のため絶対に肉離れしないわけではないため注意して下さい。

続きを読む

受付時間:平日は夜9時30分まで受付!
受付時間:平日は夜9時30分まで受付!