バタフライ

今回は『バタフライ』というエクササイズを紹介します。

『バタフライ』の効果
・広背筋(背中の筋肉)の抑制
・大腿筋膜張筋(太もも外側の筋肉)の抑制

『バタフライ』がオススメな人
・肩が上げづらい人
・腰が反っていて、腰に痛みがある人
・体の前屈がしづらい人
・腸脛靭帯炎(ランナー膝)の人
・太ももの太さや張りが気になる人など

『バタフライ』のやり方
・仰向けになり、膝と股関節が90°になるような高さの椅子に足を置きます
・足と足の間はこぶし一つ分にして足首を上げ90°に保ち、手は前ならえをします
・かかとで椅子を下方向に押すことで、太もも裏に力が入るのを感じる
・そこから少しお尻を上げ、息を吸いながら手と足を外に広げます
・手と足を外に広げた状態で3回位呼吸を繰り返します
・息を吐きながら手と足を閉じて、元の位置に戻ります

広背筋や大腿筋膜張筋は日常生活やスポーツ時には必要な筋肉ですが、硬くもなりやすい筋肉でもあり、広背筋が硬くなると肩が動かすときに痛みが出やすくなったり、大腿筋膜張筋が硬くなると股関節や膝の痛みが出やすくなります。
広背筋と大腿筋膜張筋が同時に過緊張してしまうと腰を反る方向にもっていくため腰の痛みも出やすくなります。
また太ももの太さや張りが気になる人は大腿筋膜張筋が過緊張していることが多いです。

広背筋や大腿筋膜張筋が硬くなり過ぎると痛みやケガの原因になってしまうので、運動前や運動後、1日の終わりに『バタフライ』を行って広背筋や大腿筋膜張筋を抑制しておくと痛みやケガの予防になります。

ハムストリング肉離れを予防する『エキセントリックヒップリフト』

今回は葛飾区こばやし接骨院で太もも裏にある筋肉ハムストリングの肉離れ後のリハビリや肉離れの再発予防で行っている『エキセントリックヒップリフト』というエクササイズを紹介します。

肉離れをしてしまったあと、スポーツに復帰したときに肉離れを再発してしまうことも多いと思います。
肉離れが再発してしまう原因は肉離れした部分にしこりが残ってしまったりといろいろありますが、1つの原因としてリハビリ不足があります。

筋肉は伸びたり縮んだりしますが、この伸び縮みするときに伸びる時は伸びる筋力、縮む時は縮む筋力が別々に必要です。
肉離れの再発を予防するためには筋肉が伸びる時に発揮する筋力を向上させることで予防することができると言われています。
『エキセントリックヒップリフト』は筋肉を伸ばす時に発揮する筋力を向上させることができ、肉離れの予防にはとても効果があります。
このトレーニングはやってみると結構きついのですが、スポーツを本格的にやっている人であればこのエクササイズを片足でできるぐらいになっておかないと肉離れの再発リスクが高まります。
リフォーマーという器具がないとできないエクササイズではありますが、ハムストリングスの肉離れの再発に悩まれている方にはおススメです!

腰痛を抱えている人に『プランク』をオススメしない理由|葛飾区こばやし接骨院

腰痛を改善するために『プランク』を行っている人も多いと思いますが、腰痛を抱えている人は『プランク』をやらないほうがいいです。

なぜ『プランク』が腰痛の人にオススメしないかは『プランク』のトレーニングが体を固め筋肉を過緊張させるエクササイズだからです。
『プランク』は体幹を鍛えるためのとても良いトレーニングです。
『プランク』のような体を固める動きが必要がなのはラグビーのタックルやサッカーでタックルを受けた時に踏ん張るときなどですが、体を固めるというのは筋肉に大きな負担がかかります。

下記の写真を見て下さい。
腰痛になってしまうほとんどの人は写真のような姿勢になっています。

胸を張り、背骨全体が反っている

骨盤が前に出ていて、腰が反っている

この2つの写真は見た目はちがう姿勢にみえますが腰が反っていて、腰周りの筋肉が過緊張しているところは一緒です。
これらの姿勢の人は普段から生活しているときに体を固めて『プランク』をしながら過ごしているようなものなので、腰の筋肉が緊張しています。
普段から腰の筋肉が緊張している人に『プランク』を行ったら、さらに腰の筋肉が緊張して腰痛が悪化してしまいます。

『プランク』を行うことで鍛えらえれる筋肉は普段の生活やスポーツ動作の中でも必要なものです。
しかし腰痛を改善するためのエクササイズとしては向いていません。
またチームのトレーニングメニューで体幹を鍛える際に『プランク』を行うことも多いと思いますが、腰痛がある人がこのエクササイズを行うと腰痛が悪化するので注意が必要です。

腰痛がある人はまず腰痛を改善するエクササイズを行い、腰痛が改善したあとに『プランク』を行うと効果的です!

受付時間:平日は夜9時30分まで受付!