エクササイズ

猫背を改善する『90-90カールアップ』

今回は猫背を改善する『90-90カールアップ』を紹介します。

最近スポーツをやっている選手で猫背の方がとても多いです。
猫背はスポーツ選手にとってデメリットばかりで、まず肩甲骨の動きが悪くなるため、肩の痛みがでやすくなります。
腰も猫背の人は反り腰になっているため、腰の負担も大きくなります。
反り腰になっていると膝の負担も大きくなってしまうなどケガのリスクがとても大きくなってしまいます。
また猫背だと余分に筋肉を使うことになるので、体が疲れやすくなってしまったり、寝ても体の回復が遅れてしまうことがわかっています。
スポーツをやっている選手で猫背でいいことはないので、猫背を改善することでケガのリスクが減り、またパフォーマンスも上がるので猫背は改善することをおススメします。

『90-90カールアップ』

90-90カールアップがおすすめな人
〇猫背を改善したい人
〇運動をしているときに肩や腰、膝などに痛みがある人
〇疲れやすい人
〇夜寝つきが悪かったり、朝起きると疲れがとれない人

90-90カールアップの効果
〇腹斜筋や腹横筋などインナーマッスルの筋力アップ
〇前鋸筋の筋力アップ
〇スポーツ時のパフォーマンスアップ

『90-90カールアップ』のやり方

①膝の間にボールやタオルを挟み、膝が90°になるようにイスや台の上に足を置く。足首を上げて、かかとでイスを下に押すと太もも裏に力が入るのを感じます

②①の状態から腰は浮かないようにお尻だけ少し持ち上げます。お尻を持ち上げた際にお腹に力を感じます
③②のところから両手を天井に向かって伸ばす。この時に脇の下に力を感じます
④③のところから息を吐きながら上半身から頭を持ち上げる。この時にお尻が下がってしまい、太ももの裏の力が抜けないように気を付ける。太ももの裏は力が入ったままにする。上半身と頭を持ち上げたところで1回呼吸をして息を吐きながら体を戻します。これを5回繰り返します。
太もも裏、お腹、肩甲骨周り、首の前側は猫背を改善するのにとても重要な筋肉になりますのでエクササイズ中は力が入っているのを感じましょう。

猫背を改善するのにとてもおすすめなエクササイズなのでぜひやってみて下さい。

ABOUT ME
小林 勇太
小林 勇太
葛飾区こばやし接骨院院長。柔道整復師の国家資格を保有。野球やサッカー・バレーボールなどのスポーツの現場で活動していたためスポーツ障害・外傷の症例経験が豊富。葛飾区こばやし接骨院の院長をしている小林勇太院長のブログです。