ジャンパー膝とは?原因・症状・治療を解説


ジャンパー膝とは

ジャンパー膝とは名のごとく、バレーボールやバスケットボールなどでジャンプや着地動作を頻繁に行う競技や、サッカーのキック動作やダッシュなどの走る動作を繰り返したりするスポーツに多くみられる、オーバーユースに起因する膝のスポーツ障害です。
正式名称は「膝蓋靭帯炎」または「大腿四頭筋腱付着部炎」といいます。

ジャンパー膝の原因

大腿四頭筋の柔軟性低下が大きな要因になります。
特に成長期の子供では、骨の成長に筋肉の成長が追いつかずに結果的に筋肉が硬い状態を招いた結果、その負担が末梢の膝蓋骨周辺かかることで起こる障害です。

ジャンパー膝が発症するメカニズムは、ジャンプやダッシュなどによる膝関節の屈伸動作を何度も何度も繰り返すことで膝の伸びる仕組み(大腿四頭筋が引っ張られることで膝蓋骨、膝蓋腱、脛骨粗面にまで牽引力が加わる)に過度な牽引力が繰り返し加わることで、膝蓋骨周辺に微細損傷を引き起こします。

図:ジャンパー膝が発症するメカニズム
ジャンプやダッシュなどによる膝関節の屈伸動作を何度も何度も繰り返すことで膝の伸びる仕組み(大腿四頭筋が引っ張られることで膝蓋骨、膝蓋腱、脛骨粗面にまで牽引力が加わる)に過度な牽引力が繰り返し加わることで、膝蓋骨周辺に微細損傷を引き起こします。

 

ジャンパー膝の症状

ジャンパー膝は、膝を曲げ伸ばしすると膝のお皿の上や下の辺りに痛みが出ます。
また、その部分を押すと痛みが出ることもあります。
主に、バスケットボールやバレーボールなどで跳躍するために膝の曲げ伸ばしを繰り返すと痛みます。

ジャンパー膝の治療

第一に局所の安静が大切のなるため、運動の休止が重要になりますが、運動後にのみ痛みがある場合はストレッチと運動後の局所的な練習後のアイシングを行うことで運動をしながらでも問題がないことがあります。
しかし、運動前後に痛み場合や運動に支障をきたす程痛む場合は運動を休止する必要があります。

治療内容としては、電気治療や超音波治療などの物理療法を行って炎症を抑えていき、痛みが治まってきたら足首・膝と股関節を中心とした運動療法を行い競技復帰へ向かっていきます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

受付時間:平日は夜9時30分まで受付!
受付時間:平日は夜9時30分まで受付!