足底筋膜炎の治療について


足底筋膜炎の治療について

足底筋膜炎とは

“かかと”から”足の指のつけ根”まで張っている腱組織・足底筋膜に炎症が起き、小さな断裂を起こして痛みを発症します。 主に40~50歳以上に多いですが、若年でもスポーツをする方には多い病状です。

足底筋膜炎の原因

足底筋膜は足部のアーチを形成しています。
そのため、足底筋膜にはスプリングのように荷重時にショックを吸収する役目があります。
そのためランニングやジャンプ動作などで体重刺激が足部にかかることで、足底筋膜には繰り返しの牽引刺激が加わり腱が変性、微小断裂や炎症が発生して痛みが出ます。
足部のアライメントも重要で、扁平足の競技者は足底筋膜炎になりやすいです。
また、反対にハイアーチ(甲高)では柔軟性が乏しく、腱膜を損傷しやすい傾向があります。
その他の要因としてはオーバーユース、硬い路面(サーフェスの変化)、シューズの変更(ヒールアップが望ましい)なども挙げられます。

足底筋膜炎の症状

足底筋膜炎の疼痛部位は、踵〈かかと〉に近い腱膜起始部に最も多く発生し、続いて中央部(土踏まず)、遠位部の三カ所が好発部位になります。
特に起床時や練習開始時に痛みが出やすい傾向があります。
また、症状が重くなるとしこりなどが出来る場合があります。

足底筋膜炎の治療

足底筋膜炎の治療では、急性期と慢性期で行うことが異なります。
急性期では、炎症を抑えることが先決のため局所の休息(ジャンプやランニングの中止)が重要になります。
足底部へ直接的、もしくはふくらはぎに間接的な電気治療、超音波治療などの物理療法を行い痛みを和らげます。
その後、足底からふくらはぎのストレッチや足部のアーチ形成の機能改善を行いショックを和らげます。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

受付時間:平日は夜9時30分まで受付!
受付時間:平日は夜9時30分まで受付!