足底筋膜炎とは

足底腱膜は踵(かかと)の骨から足の指へ広がる強靭な腱の膜であり、足の土踏まず(縦アーチ)を支える重要な役割があり、歩行・ランニングにおいて、地面と足部の衝撃を和らげるクッションとして働きます。
足底腱膜炎は、ランニング動作を中心に陸上競技に多い障害ですが、ふくらはぎの筋肉や足底腱膜が硬かったり、扁平足や土踏まずが高い足の場合、ランニングや歩行などで足底腱膜に強いストレスが加わります。
このストレスが繰り返されること(オーバーユース)で、足底腱膜に炎症が起こり、痛みの発生につながることがあります。
主に40~50歳以上に多いですが、若年でもスポーツをする方には多い病状です。

足底筋膜炎の原因

主な原因は、足部のアーチの乱れ

足底筋膜は足部のアーチを保持しています。
足底筋膜にはスプリングのように荷重時にショックを吸収する役目があります。
ランニングやジャンプ動作などで体重刺激が足部にかかることで、足底筋膜には繰り返しの牽引刺激が加わり腱が変性、微小断裂や炎症が発生して痛みが出ます。

足部のアーチが重要で、構造的に通常よりも低い扁平足と呼ばれるローアーチや通常よりも高いハイアーチのようなアーチに変形がある場合は、足底筋膜炎の発症の可能性が高まります。

その他の要因としてはオーバーユース、硬い路面(サーフェスの変化)、シューズの変更(ヒールアップが望ましい)なども挙げられます。

続きを読む