膝の痛み

ジャンパー膝とは?原因・症状・治療を解説

ジャンパー膝とは

ジャンパー膝とは名のごとく、バレーボールやバスケットボールなどでジャンプや着地動作を頻繁に行う競技や、サッカーのキック動作やダッシュなどの走る動作を繰り返したりするスポーツに多くみられる、オーバーユースに起因する膝のスポーツ障害です。
正式名称は「膝蓋靭帯炎」または「大腿四頭筋腱付着部炎」といいます。

ジャンパー膝の原因

大腿四頭筋の柔軟性低下が大きな要因になります。
特に成長期の子供では、骨の成長に筋肉の成長が追いつかずに結果的に筋肉が硬い状態を招いた結果、その負担が末梢の膝蓋骨周辺かかることで起こる障害です。

ジャンパー膝が発症するメカニズムは、ジャンプやダッシュなどによる膝関節の屈伸動作を何度も何度も繰り返すことで膝の伸びる仕組み(大腿四頭筋が引っ張られることで膝蓋骨、膝蓋腱、脛骨粗面にまで牽引力が加わる)に過度な牽引力が繰り返し加わることで、膝蓋骨周辺に微細損傷を引き起こします。

図:ジャンパー膝が発症するメカニズム
ジャンプやダッシュなどによる膝関節の屈伸動作を何度も何度も繰り返すことで膝の伸びる仕組み(大腿四頭筋が引っ張られることで膝蓋骨、膝蓋腱、脛骨粗面にまで牽引力が加わる)に過度な牽引力が繰り返し加わることで、膝蓋骨周辺に微細損傷を引き起こします。

続きを読む

腸脛靭帯炎とは?原因・症状・治療を解説

腸脛靭帯炎とは

腸脛靭帯炎 疼痛部位腸脛靭帯炎とは、膝の外側にある腸脛靭帯が大腿骨の出っ張った骨に擦れて痛みを発生させる膝の障害です。
腸脛靱帯炎は、ランニングにより膝の障害の代表的なもので、別名「ランナー膝」とも呼ばれています。
右の図は、右足を外側から見た図です。
腸脛靭帯とは、膝の外側から股関節に向かって繋がっている靭帯の事です。右の図だと、白色をした筋の部分になりますね。
そして、緑色の〇で囲ってある部分がよく腸脛靭帯炎で痛みの出る部分になります。膝を曲げたり伸ばしたりして、この部分に痛みがある人は腸脛靭帯炎の可能性があります。

続きを読む

鵞足炎とは?原因・症状・治療を解説

鵞足炎とは

鵞足炎とは、膝の内側にある鵞足部と呼ばれる部分に縫工筋薄筋半腱様筋といった3つの筋肉が付いている脛骨の上部周辺の腱に生じている炎症や滑液包炎などを総称した症状です。
鵞足部は、脛骨への筋肉のつき方が鵞鳥・ガチョウの足のような形をしているところから鵞足と呼ばれています。
ランナーやサッカー選手など走ることが多い方に多く発生します。

鵞足炎の原因

膝の屈曲を繰り返すことで、鵞足部が脛骨上部を擦れて炎症を起こすために痛みます。
主な動作として、キックした足を前に引き上げる動作やランニングで足を後ろに蹴る動作などで、鵞足部に関わる筋肉の緊張が高まり過度な負担がかかることが原因です。
また、膝が内側に入ることによって、痛みが増強するため側方への動きの多いスポーツは発症しやすいです。

続きを読む

受付時間:平日は夜9時30分まで受付!