膝の痛み

膝の下が痛くなる3つの原因とは?

膝の下が痛くなる原因はひとつではありません。
膝の下が痛くなる原因は、大きく分けて3つあります。
その原因によって処置も変わるため、あなたの膝の下の痛みの原因をしっかり突き止めなければいけません。
このページでは、そんな膝の下が痛くなる原因の紹介や原因の見極め方を紹介します。

膝の下が痛くなる3つの原因とは?

1、膝の下が痛くなる原因をみていこう!

膝の下が痛くなる原因は、大きく分けて3つあります。

1-1、膝蓋靱帯炎(ジャンパー膝)

まず、一つ目の原因として挙げられるのが膝蓋靱帯炎である。
また、ジャンパー膝とも呼ばれバレーボールやバスケットボールといった跳躍競技に多く見られる。
ジャンパー膝について詳しくは、「ジャンパー膝を早期に治す治療法」をご覧下さい。

1-2、オスグッド病

2つ目の原因として考えられるのはオスグッド病である。
オスグッド病は、小学生から中学生の子供に見られる疾患である。
オスグッド病について詳しくは、「成長痛ではない!?オスグッド病を早期に治す治療法」をご覧下さい。

1-3、膝蓋下脂肪体炎

三つ目の原因をして、膝蓋下脂肪体炎が挙げられる。
膝蓋下脂肪体炎は、膝の曲げ伸ばしを多いする方に多く見られます。
膝蓋下脂肪体炎について詳しくは、「膝の下が痛くなる膝蓋下脂肪体炎とは?」をご覧下さい。

続きを読む

膝がパキパキ鳴るタナ障害とは?

しゃがんだときや膝を曲げた時など、膝がパキパキ鳴って痛いという経験はないだろうか?
また、痛くはないが膝がしっかりしていない感じで不快と感じているのではないでしょうか?
その症状は、タナ障害と呼ばれる疾患かもしれませんよ。
そのパキパキなる原因は、膝の中にある滑膜ヒダが引っかかってしまっているのです。
今回は、そんな膝がパキパキ鳴るタナ障害の症状や原因について紹介していきたいと思います。

膝がパキパキ鳴るタナ障害とは?

1、タナとは?

膝関節は、太もものある「大腿骨」とふくらはぎにある「脛骨・腓骨」とお皿と呼ばれる「膝蓋骨」の4つの骨から構成されています。
そして、この膝の関節の中に存在するのが滑膜ヒダです。
このヒダが、モノを載せるための棚のように見えることから「タナ」と呼ばれています。
この滑膜ヒダは、胎児が母親の胎内にいるときに一時的に作られるので、出産後に約半数を胎児は、そのまま滑膜ヒダが残ると言われています。
そのため、この滑膜ヒダはこれといった大きな機能を持たないためそのままにしておいても特に悪い影響はありません。

ただし、「タナ障害」になってしまうと膝がパキパキ鳴って痛みを発生させることがあるのです。

続きを読む

膝の下が痛くなる膝蓋下脂肪体炎とは?

膝蓋下脂肪体炎はあまり聞き慣れない傷病名ですが、膝の痛みの原因となる1つの疾患です。
「膝を伸ばしきると膝が痛い」
「膝のお皿の下あたりが痛む」
などといった症状を感じているのではあれば、膝蓋下脂肪体炎かもしれません。
膝の関節の中には脂肪体と呼ばれる組織があり、腱や関節の動きを良くする機能があります。
しかし、膝をケガした後やなにかしらの原因によって脂肪体の機能がきちんと機能しなくなってしまいます。

このページでは、そんな膝蓋下脂肪体炎が起こってしまう原因や膝に痛みが出る理由などを紹介していきたいと思います。

膝の下が痛くなる膝蓋下脂肪体炎について

1、膝蓋下脂肪体とは?

膝蓋下脂肪体は、膝蓋靱帯の深部にある脂肪の塊です。
大腿骨・脛骨・膝蓋骨の隙間に存在します。
膝というと、半月板や靱帯などの軟部組織が主要しされていますが、この膝蓋下脂肪体も膝の動きに重要な役割を担っています。

続きを読む

オスグッドの症状|オスグッドを判断するためのポイントとは

最近、お子さんに「お母さん膝が痛いよ」と言われた。
この子の膝の痛みはなにかしら?オスグッドとかよく聞くがうちの子はオスグッドなのかしら?

そんなお悩みがありませんか?
ここでは、そんなお母さんにためにオスグッドかどうか見極めているいくつかのポイントをお教えします。

オスグッドの症状

オスグッドかどうかを見極めるときに重要になるのは出ている症状です。
どこが痛いのか・どのような動きが痛いのかなどの症状をお子さんに確認することでオスグッドかどうかの判断材料になります。

1.オスグットでよくみられる3つの症状

続きを読む

成長痛ではない!?オスグッド病になった本当の原因

小学生から中学生くらいの子供に多く発生するオスグッド病。
あなたのお子さんも、膝が痛くなり病院で「オスグッド病」と診断されて調べているうちにこのページにたどり着かれたのではないでしょうか?
 オスグッド病など聞いたこともなくどんな症状かもわからず、また治るものなのかもわからずとても不安だったのではないでしょうか。
安心してください。
このページでは、オスグッド病の本当の原因を説明します。
本当の原因が分かることで、オスグッド病を治すために必要なことがわかります。

オスグッド病を治すために本当を原因を知りましょう。

オスグッド病の本当の原因とは

続きを読む

ジャンパー膝を早期に治す治療法

今回は、ジャンパー膝を早期に治す治療法を紹介しよう。
バスケットボールやバレーボールなどの選手に多く見られ、痛みを我慢してプレーをし続けている選手も多いのではないだろうか?

そんな痛みを我慢してプレーし続ける必要はありません。
ジャンパー膝は、適切な治療を行えば早期に回復する症状です。
そして、再発することはありません。

ジャンパー膝によって思うように練習が行えなかったり、試合に出れなかったりと、スポーツを続けることを諦めてしまっていませんか?
ジャンパー膝によってスポーツを諦める前にこのページを最後までお読みください。
必ず、あなたのジャンパー膝を治る道筋が見えてくるでしょう。

これから、このページではジャンパー膝が今まで良くならなかった理由やジャンパー膝の原因、そしてジャンパー膝を早期に治す方法を紹介します。

では、さっそく見ていこう!!

続きを読む

膝の裏が痛くて正座が出来ない!?3つの原因とは

膝の裏が痛くて正座が出来ない・膝が曲げられないといった症状で悩んではいませんか?
レントゲンを撮っても特に異常がないと言われたあなた。
そんなあなたの膝裏の痛みの原因を紹介します。
膝の裏が痛くなる原因として、ベーカー嚢腫・変形性膝関節症・筋肉による痛みが挙げられます。
今回は、そんな膝の裏が痛くなる原因を紹介していきます。

続きを読む

成長痛ではない!?オスグッド病を早期に治す治療法

小学生から中学生の子供に多く発生する膝の痛みオスグッド病。
サッカーやバレーボールなどスポーツを行っていて、なかなかオスグッド病が治らずに悩んでいませんか?
 オスグッド病は、身長がよく伸びている時期に起こる成長痛と思われており、成長期の時期は痛みがあっても仕方ないと思われていませんか?
そんなことはありません。
オスグッド病は、適切な治療を行うことで早期に治すことが出来ます。
オスグッド病は、成長痛ではなくカラダの使い方によって発生する痛みのため、電気治療で痛みを押さえながらカラダの使い方よくするエクササイズを行うことで痛みがなくなります。
ここでは、そんなオスグッド病を早期に治すために手順を紹介します。

続きを読む

ランナー必見!腸脛靭帯炎を早期に治す治療法

あなたも、腸脛靭帯炎に悩まされていますか?
腸脛靭帯炎と診断を受けて様々な治療を試してきたのではないでしょうか?
色々な治療を試しても良くならない腸脛靭帯炎に悩まされている方はとても多いのではないでしょうか?
しかし、腸脛靭帯炎は適切な処置を行えば治ります。
腸脛靭帯炎は、痛みを我慢して練習していれば症状はどんどん悪化します。
そのうち、階段の昇り下りなどの日常生活にも支障をきたしてくるでしょう。
 
そうなる前に、腸脛靭帯炎を根本的に治療しましょう。

続きを読む

腸脛靭帯炎(膝の外側の痛み)を引き起こす本当の原因

みなさんの中で、日常生活やスポーツをしているときに膝の外側の痛みで悩まされている方はいるのではないでしょうか?
それは、「腸脛靭帯炎」という障害かもしれません。
これから、お話しする原因によって腸脛靭帯に負担がかかって痛みが出ている可能性があります。
また腸脛靭帯炎と言われて電気やマッサージ治療を行っていても、なかなか改善しない人もいるのではないでしょうか?腸脛靭帯炎は筋肉を緩めるだけではなかなか改善しづらい障害です。
筋肉を緩めるだけでは良くならないのは、今からお話しする腸脛靭帯炎になる本当の原因に隠されています。

続きを読む

受付時間:平日は夜9時30分まで受付!