鵞足炎とは?原因・症状・治療を解説

鵞足炎とは

鵞足炎とは、膝の内側にある鵞足部と呼ばれる部分に縫工筋薄筋半腱様筋といった3つの筋肉が付いている脛骨の上部周辺の腱に生じている炎症や滑液包炎などを総称した症状です。
鵞足部は、脛骨への筋肉のつき方が鵞鳥・ガチョウの足のような形をしているところから鵞足と呼ばれています。
ランナーやサッカー選手など走ることが多い方に多く発生します。

鵞足炎の原因

膝の屈曲を繰り返すことで、鵞足部が脛骨上部を擦れて炎症を起こすために痛みます。
主な動作として、キックした足を前に引き上げる動作やランニングで足を後ろに蹴る動作などで、鵞足部に関わる筋肉の緊張が高まり過度な負担がかかることが原因です。
また、膝が内側に入ることによって、痛みが増強するため側方への動きの多いスポーツは発症しやすいです。

鵞足炎の症状

膝下の内側部(鵞足部)に運動後に痛みが生じます。
特に階段の昇り降りで痛みを感じることが特徴的です。
また、この鵞足部を押すと痛みがあり、足に抵抗を加えて膝を曲げさせたり、伸ばさせたりすると痛みが生じます。

鵞足炎の治療

鵞足炎の治療には、様々な方法があります。
痛みなど症状の種類や、発症してからの期間、大会のなどの今後の予定によって選択する治療は変わってきます。
鵞足炎の治療方法として、

  • 炎症を抑えるアイシング
  • 炎症や鎮痛効果を狙った電気治療・超音波治療
  • 筋肉を緩めるスポーツマッサージ
  • 治療効果の持続・補助のためのテーピング
  • ランニングフォームなどの見直し
  • リハビリとして行う身体に合わせたエクササイズ・ストレッチ

などがあります。
上記の方法のどれを行うかは専門家と相談して決めることをおすすめします。自己判断でトレーニングと続けたり、今までと同様のケアを続けることは症状の悪化を招く可能性があります。
まずは、専門家に相談し自分自身の状態を確認した上でどのような治療を選択していくかなど、今後の治療計画を決定しましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

受付時間:平日は夜9時30分まで受付!