肘の痛み

腱鞘炎とは?原因・症状・治療を解説

腱鞘炎とは?

腱鞘炎(けんしょうえん)とは、病名の通り腱鞘(けんしょう)という組織が炎症を起こしてしまう症状のことを指します。
手足や指の関節を動かしている筋肉の両端には、腱というひも状の組織があります。腱は筋肉の力を手足の先端まで伝える重要な役割を担っています。そして、この腱を鞘(さや)のように包み込み保護しているのが腱鞘です。
手足や指の関節を動かすと、骨と腱が動くのと一緒に腱鞘も動きます。その際に、腱鞘の滑りが悪くなっていたり、摩擦を起こしてしまったりすると腱鞘炎を引き起こしてしまいます。

腱鞘炎の原因

私たちの手には、腱と呼ばれる手の指を動かしてくれるものがあります。
そして、腱を一定の部分で包み込んでいる検証と呼ばれる鞘(さや)があります。
腱鞘の中は、潤滑液で満たされており腱の滑りをよくしています。

腱鞘炎になるとどのような状態になってしまっているかというと、なにかしらの様々な原因によって腱が引っ張り続けている状態になってしまっています。
この状態でずっと生活していると、腱が太くなったり、腱が腫れてきてしまいます。
そうすると、腱の通り道である腱鞘と擦れるようになってしまい、これが繰り返されることで腱と腱鞘が何度も何度も擦れて炎症を起こし痛みが発生するのです。
これが、腱鞘炎で痛みが出るメカニズムです。

腱が引っ張られる原因は筋肉が硬いから

腱が引っ張られる原因は、筋肉が硬いからです。
下の図をご覧ください。

指の腱は、腕の筋肉から繋がっています。
手の指を動かす時には、指だけが動いている訳ではなく腕の筋肉が収縮することで指の腱を引っ張り指を動かしているのです。
そのため、腕の筋肉が硬い状態がずっと続いてしまうと、指を動かす腱もずっと引っ張られ続けられてしまいます。

ですので、腱鞘炎だからといって指だけが悪いわけではありません。
また、治療においても指だけではなく腕の筋肉を緩めることも重要になります。

腱鞘炎の原因は腕だけにあるわけではない

「筋肉が硬くなって腱鞘炎になっていることは知ってるわ!
だから、治療もすでにストレッチや電気治療・マッサージなどをしてる!
けど、なかなか良くならないの…」

という方も多いのではないでしょうか?

たしかに、筋肉が硬くなってしまって腱鞘炎を引き起こしていることに間違えないのですが「なぜ、筋肉が硬くなってしまうのか」ということのほうが治療においてはとても大切なのです。

人間のカラダは、腕を上げたり、モノを持ったりするといった動きをする時にカラダの様々な関節を連動させて動かすことで無理のないスムーズな動きを可能にしています。
そのため、背中や肩・肘の動きが悪くなると、その動きが悪い分を手首や指が余分にカバーして動くことで同じ動きを行っている場合があります。
このような状態で、使い続けていれば手首や指にどんどん負担がかかり腱鞘炎になっていくのです。

このように、腱鞘炎だといっても原因は指や腕以外にあることもあるのです。
そのため、原因を特定して治療していかなければ指や腕を治療しているだけではなかなか良くならないのです。

腱鞘炎の症状

腱鞘炎の初期症状は、指が曲げづらいなどちょっとした違和感から始まります。
主な症状として、指の曲げ伸ばしをすると痛い・押すと痛い・腫れるなどの症状を認めます。

腱鞘炎の治療

腱鞘炎の治療は、第一に安静が重要になります。
使い過ぎや繰り返しの動作が慢性炎症の 原因になっているので、使わない、休める、使ったら冷やすといったことに注意しましょう。
治療方法としては、電気治療や超音波などの物理療法で炎症を抑えていき、マッサージなどで筋肉を緩めることも効果的です。

後方型野球肘。原因・種類・治療を解説

肘の後方が痛むタイプの野球肘 

肘の後方が痛む野球肘は、大きく分けて2つのタイプに分けることが出来ます。
まずは、その一つ一つについて説明していきます。

肘の後方が痛むタイプ①肘頭窩インピンジメント肘頭疲労骨折

肘頭窩インピンジメント肘頭疲労骨折とは、繰り返し投球時に肘が伸ばされることで肘の関節を構成している骨同士が衝突し疲労骨折を起こしてしまう症状です。
 右の図のように、肘関節の後方は尺骨と上腕骨と呼ばれる骨が繋がり関節になっています。
そして、よく見ると尺骨という骨の先には肘頭と呼ばれる部分があり肘と伸ばしていくと上腕骨にある肘頭窩というくぼみに肘頭が納まります。
この部分で骨が衝突を繰り返すことで、骨に負担が何度も何度も加わり骨が疲労骨折を起こし痛むのです。

肘の後方が痛むタイプ②肘頭部骨端線離開

肘頭部骨端線離開は、成長期の子供にしか起こりません。
成長期の子供の骨には、骨端線といって骨が成長する部分があります。
そのため、肘の後ろに付く上腕三頭筋の牽引によって骨端線が引き離されてしまったり、上記のような骨が衝突することで骨端線が引き離れてしまい痛みます。

続きを読む

野球肘外側型離断性骨軟骨炎とは?原因・症状・治療を解説

離断性骨軟骨炎とは?

離断性骨軟骨炎とは、肘にある軟骨やその下にある骨に傷害がおこりはがれてしまうケガです。
小学生~中学生時に発生し、治しておかないと肘の変形や曲げ伸ばしの障害が進行しやすく、その後の野球人生の大きく影響を与えます。
また、症状が進行することで手術しなければならない場合もあります。

離断性骨軟骨炎が起こる原因

離断性骨軟骨炎は、投球時に肘の外側にある骨と骨が衝突することが原因で起こります。
子供の骨は、軟骨成分が多いため衝撃に弱く何度も何度も骨同士が衝突することで骨が剥がれてしまうのです。

続きを読む

受付時間:平日は夜9時30分まで受付!