坐骨神経痛を早期に治す治療法


「足のしびれ」
「お尻から足への痛み」
「寝返りなどをするとお尻から足にかけて痛みが走る」
「椅子や車の席に座ると痛みやしびれが強くなる」
 などといった症状で悩んでいませんか?

病院で坐骨神経痛と診断されたがなかなか良くならないあなた。
安静にしていれば良くなると言われてなかなか良くならないあなた。

安静しているだけでは、坐骨神経痛は良くなりません。
むしろ、安静にしていたくても痛みのせいで安静にしていられないのではないでしょうか?
坐骨神経痛で悩まれている患者さんにお話をお伺いすると痛みのある時は体勢を変えようがなにしようが痛みが落ち着かないと言います。
でも、安心してください。
そんな坐骨神経痛の痛みも適切な治療を行えば症状が改善していきます。

もし、色々な治療を試しているのに良くならないであれば何か治療しているポイントがずれているのかもしれません。

このページでは、坐骨神経痛の正しい原因と根本的な改善をさせる治療法について紹介していきます。

坐骨神経痛を早期に治す治療法

では、さっそく坐骨神経痛の原因について説明していきます。
坐骨神経痛と診断され、なぜ痛みが起こっているかはご存じですか?

坐骨神経痛を治療していくにあたって、痛みの起こっている原因はとても大切です。
なぜ、痛みが発生しているかを突き止めることが出来なければ治すことが出来ないからです。

1.坐骨神経痛の原因とは?

まずは、下の図をご覧ください。

これが、坐骨神経と呼ばれるものです。
腰の真ん中にある脊髄という部分から枝分かれして神経に一つが坐骨神経と呼ばれます。
坐骨神経痛というのは、この坐骨神経に関連した症状のことで坐骨神経痛なる原因疾患はひとつではありません。

その坐骨神経痛なる原因疾患としてあげられるのが

  • 椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症といった腰部に異常が起こり坐骨神経痛を起こしているもの
  • お尻にある梨状筋が硬くなることで坐骨神経痛を起こしているもの(梨状筋症候群など)

があります。

このような大きく二つの原因を挙げることが出来ますが、坐骨神経痛で悩まれて多くの患者さんは後者のお尻の筋肉の硬さによって坐骨神経痛が発生しています。

1-1.坐骨神経痛の本当の原因とは?

坐骨神経痛を引き起こしている本当の原因は、「筋肉の硬さ」にあります。
下の図を見てください。


この図は、先程の坐骨神経に筋肉を足した図です。
坐骨神経は足まで繋がっていますが、足まで神経を張り巡らせるために筋肉と筋肉のすき間を通り向けています
そのため、坐骨神経の通り道であるお尻の筋肉が硬くなってしまうと坐骨神経を圧迫して痛みやしびれを起こしてしまうわけです。

また、足の痛みやしびれで悩まれている方でレントゲンやMRIを撮影してもらったが原因がわからなかったとおっしゃる方もいます。
その理由は、レントゲンやMRIでは筋肉の硬さはわからないからです。
そのため、筋肉の硬さが原因の痛みやしびれは見過ごされてしまうことが多いのです。

少し話がそれてしまいましたが、坐骨神経痛の本当の原因は「筋肉の硬さ」にあるということです。

腰椎ヘルニアや脊柱管狭窄症があってもそれが原因ではない場合がある!?

患者さんの中に、「レントゲンを撮ってもらったら骨と骨の間が狭くなっているって言われたわ。だから、私は手術するしかないみたい」とおっしゃる方がいます。
そんな方でも、当院で治療していくことで痛みやしびれがなくなるケースがあります。

とある調査結果では、坐骨神経痛などの痛みやしびれの症状がない方をMRIで検査したところ、多くの方に腰椎ヘルニアなどの疾患が見つかったいう報告があります。

この報告結果や当院での治療経験を踏まえて、腰椎ヘルニアや脊柱管狭窄症があっても症状に関連していない場合があると当院では考えています。
そのため、腰椎ヘルニアや脊柱管狭窄症などがあっても筋肉の柔軟性を高めることで症状が改善していきます。

少し難しい話になってしまいましたが、腰椎ヘルニアや脊柱管狭窄症があると言われたケースでも、動きや時間帯によって症状が強くなっり、弱くなったりする場合は筋肉の硬さによる痛みの場合が多いです。

では、どうしてお尻の筋肉が硬くなってしまうのでしょうか?

2.お尻の筋肉を緩めるだけでは完治しないことが多い

坐骨神経痛の治療でお尻の筋肉に電気治療を行ったり、マッサージを受けたりと治療をされた経験はないでしょうか?
その治療であなたの坐骨神経痛は完治したでしょうか?
そんな治療を受けた方は、「治療を受ける前よりは良いけど、まだ気になる」という方が多い印象を受けます。
その理由は、

  • 坐骨神経痛が治ったわけではなく、筋肉の硬さが一時的にとれたことで一時的に痛みを感じづらくなったこと
  • 坐骨神経痛を引き起こしてしまう本当の原因が解消されていないこと

が考えられます。
 坐骨神経痛で悩んでいる期間が長ければ長いほど完治しきれていないのではないでしょうか?

坐骨神経痛の治療において、お尻の筋肉を緩めることはとても大切です!
しかし、それ以上にまたお尻の筋肉が硬くなろうとしてしまう原因を取り除かなければいけません
また筋肉が硬くなってしまうことが、坐骨神経痛の完治を邪魔しています。
そのため、坐骨神経痛の完治するためにまた筋肉が硬くなってしまう改善出来なければ完治することはありません

坐骨神経痛を完全に治すために何が必要なのでしょうか?
さっそくですが、坐骨神経痛の完治の必要なポイントを説明します。

坐骨神経痛を完治させるために必要なこと①カラダの力を抜けるようにする

坐骨神経痛を抱えている患者さんの多くは、カラダの力が抜きづらく緊張傾向が強い方が多いのです。そのために、常に余分な力が入ってしまい筋肉が硬くなって坐骨神経痛を起こしてしまいます。
なので、筋肉を緩める治療と並行して緊張傾向にならないような治療を行っていくことがとても大切になります。

坐骨神経痛を完治させるために必要なこと②体幹にしっかり力を入れやすくする

突然だが、人間のカラダにある関節にはある程度決まった役割があります。
大きく分けて、Stability(スタビリティ)=安定性が必要な関節とMobility(モビリティ)=可動性が必要な関節の2つの役割に分けられます。

例えば、カラダの部分で言うと

  • 体幹=スタビリティ
  • 股関節=モビリティ
  • 膝関節=スタビリティ

 

という感じに役割が決まっています。
今回の坐骨神経痛に関わる部分でいうと、体幹は安定性をつくって股関節(お尻)は動かすように働くのが正常なカラダの動きになります。
しかし、体幹の安定性が低下してしまっているとどうなるかというと、体幹だけでは安定性が足らなくカラダが倒れてしまうため股関節(お尻)も安定性に働くことでカラダの安定を保とうしてしまいます。
そうなることで、股関節周りのお尻の筋肉にカラダを安定させるためにガチガチに力が入ってしまうためお尻の筋肉が硬くなってしまい坐骨神経痛を引き起こすことがあるのです。
そのため、治療でお尻の筋肉を緩めるだけではなく体幹などの安定を高めるエクササイズを平行して行っていくことが大切な場合もあります。

このような原因を改善することで、坐骨神経痛を完治することが出来ます。

3.坐骨神経痛を治す適切な治療法

3-1 電気治療を行う

電気治療の効果

  • 筋肉を緩める
  • 神経伝達の促進

筋肉を緩める

坐骨神経を圧迫している筋肉に電気治療を行うことで筋肉を緩めることが出来ます。
筋肉を緩めることで、坐骨神経の圧迫を取り除く効果があります。

神経伝達の促進

坐骨神経に沿って電気治療を行うことで、神経伝達を促進します。
しびれや神経痛がある場合は、神経が圧迫されていたことで神経伝達がスムーズに行われていないからです。
そのため、電気刺激で神経を刺激することで神経伝達を促進してしびれや神経痛を緩和する効果があります。

3-2 超音波治療を行う

超音波治療の効果

  • 筋肉を温めて緩める

筋肉を温めて緩める

電気治療同様に超音波治療器で原因となっている筋肉を緩めます。
超音波治療器では、音波の振動を利用して筋肉を細かくマッサージして温めてくれるため筋肉を緩めるのにとても効果的です。
また、超音波治療では深部の筋肉まで緩めることが出来るため手技治療では届かない筋肉まで緩めてくれます。

3-3 手技療法

手技療法では、腰・骨盤周り・お尻・ふともも・ふくらはぎなどの坐骨神経の通り道となる筋肉を緩めていきます。緊張している筋肉(硬くなっている筋肉)は、指圧などの強い刺激を与えるとさらに緊張が強くなってしまうので緊張が起こらない範囲で筋肉を緩めるように治療して行きます。

3-4 再発を防止するエクササイズを行う

先程、「坐骨神経痛を完治させるために必要なこと」でお話ししたように筋肉が硬くなってしまう要因があなたのカラダの中に隠れています。
その原因を取り除いていくために簡単なエクササイズを行います。
特別に機材などは使わずに行うため、とても簡単なものばかりです。
また、当院スタッフがマンツーマンで行うため安心して行うことが出来ます。

3-5 自宅で出来るセルフケアやエクササイズを伝える

坐骨神経痛の症状もだいぶ治まってきたら、自宅でできるセルフケアやエクササイズをお伝えします。
自宅でも行って頂くことで、回復が早まったり、再発の予防になります。

また、リハビリのやり方などの来院時にも丁寧に説明させて頂きますが自宅に帰ると分からなくなってしまうことが多々あります。
そのため、当院では動画にてエクササイズのやり方をご紹介していますので自宅に帰っても動画を見ながら安心して行って頂けます。

坐骨神経痛を良くなる症状です!!

坐骨神経痛は、適切な処置を行えば日に日に良くなっていく症状です。
色々な治療を試してもなかなか良くならない症状に「もう治らないのかな」と治すことを諦めている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
諦める前にもう一度、坐骨神経痛に向き合ってみませんか?
些細な質問でも構いませんので、葛飾区こばやし接骨院にご相談ください。

こばやし接骨院の治療についてはこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*