腰の痛み

坐骨神経痛とは?原因・症状・治療を解説

坐骨神経痛とは?

坐骨神経とは、カラダの中で最も太い神経であり、腰から太ももの裏側を通り枝分かれをしながら足の指先まで繋がっています。
この坐骨神経に通る道筋に沿ってお尻や太ももの後ろ・ふくらはぎなどの痛み・しびれが出る症状を「坐骨神経痛」と言います。
坐骨神経痛は、ひとつの病名ではなくお尻からふくらはぎまでの間に痛みが出る症状を総称していいます。そのため、原因は様々です。

坐骨神経痛の原因

まずは、下の図をご覧ください。

これが、坐骨神経と呼ばれるものです。
腰の真ん中にある脊髄という部分から枝分かれして神経に一つが坐骨神経と呼ばれます。
坐骨神経痛というのは、この坐骨神経に関連した症状のことで坐骨神経痛なる原因疾患はひとつではありません。

その坐骨神経痛なる原因疾患としてあげられるのが

  • 椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症といった腰部に異常が起こり坐骨神経痛を起こしているもの
  • お尻にある梨状筋が硬くなることで坐骨神経痛を起こしているもの(梨状筋症候群など)

があります。

続きを読む

仙腸関節障害とは?原因・症状・治療を解説

「骨盤が痛い」
「腰痛と診断されたが、腰より少し下に痛みがある」

といった症状で悩んでいませんか?
それは、仙腸関節障害かもしれません。
この疾患は、レントゲンやMRIなどでは異常が見られないため「見えない腰痛」とも言われています。
そのため、原因不明の腰痛としてみなさんを悩ませています。
しかし、仙腸関節障害は適切な治療を行えば早期に治りますので安心して下さい。
仙腸関節障害を早期に治すポイントは、ロックしてしまっている仙腸関節の動きの改善になります。
今回は、そんな仙腸関節障害の治療について詳しく説明します。

まずは、仙腸関節について説明してきます。

仙腸関節とは?

赤い○で囲んだ部分を仙腸関節と呼びます。

仙腸関節とは、骨盤の骨である仙骨と腸骨の間にある関節です。
仙腸関節はわずかな可動性を持っている関節で、肩や膝のように大きく動くのではなくわずか2ミリ程度動くと言われています。
この他には、骨盤はカラダを支える重要な部分のため仙腸関節周辺には人体の中でもっとも強靱な靱帯がありカラダを支える手助けをしてくれています。

 

仙腸関節は動いている!?

先程、少しお話しましたが仙腸関節は2ミリ程度のわずかですが動いています。
このわずかな動きがとても重要で、このわずかな動きがあることで腰部から加わる負担を吸収・分散してます。
この仙腸関節がどのような動きをしているかというと、「うなずき運動」といって前屈みをした時に仙骨は一緒に前へ傾き(前傾)、左右の腸骨は逆に後方に傾きます(後傾)。
この他には、離開運動といって仙骨に対して左右の腸骨が広がるように動いたりします。

 

続きを読む

受付時間:平日は夜9時30分まで受付!