野球肘を早期に根本的に治すための治療法


「ボールを投げると肘が痛い」
「肘を曲げきることが出来ない」
そんな症状を抱えている方は野球肘かもしれません。

野球肘になってしまうと、ボールを投げる度に痛みが走りボールを投げることが怖くなってしまいます。
また、肘の痛みを無理して投げていると、肘を痛みをかばうようなピッチングフォームになり肩や腰など他の部分が痛くなってくることもしばしばあります。

小学生や中学生などの選手に多く見られる症状で、大会が迫っていたり、レギュラー争いをしていると痛みを我慢してプレーを続けてしまい大変なことになってしまうケースもあるのです。

私も、学生時代野球をやっていましたので痛みを我慢してでもプレーを続けたい気持ちはすごくわかります。

しかし、その無理があなたの野球人生を台無しにする場合があることを知って頂きたい。
今無理してしまったせいで、高校野球を満足に出来なかった。などといったこともあるのです。

野球肘の中には、絶対に安静にしなければいけないものから練習を行いながらでも治っていくものまで様々な症状があります。
そのため、一度しっかり診察してもらうことが大切なのです。

野球肘の場合は、症状の度合いにもよりますが肘を治すことに専念することが出来れば1ヶ月前後で野球に復帰できるものがほとんどです。そして、すべての野球肘が絶対に運動してはいけないというわけではありません。
「病院にいったら野球を休みなさい」と言われるから行きたくないという子もいると思いますが、絶対に休まなければいけないというわけではありません。

これから野球肘になる原因と、早期に治すための治療について紹介していきます。

野球肘を早期に治す治療法

まずは、野球肘について説明していきます。
野球肘は一つではありません。
あなたの痛みがまずはどのタイプかしっかり知ろう!!

1.野球肘とは?

野球肘とは、野球の投球動作に動作において肘に痛みのでるものを言います。
野球肘には、内側型・外側型・後方型の3つのタイプがあります。
では、一つ一つを紹介します。

1-1.内側型野球肘

内側型野球肘には、

  • 内側上顆炎
  • 内側々副靱帯損傷
  • 上腕骨内側上顆剥離骨折 など

野球肘の中で一番多いタイプです。
内側型野球肘は、肘の内側に原因がある野球肘ですが、その大多数は肘の内側に付く腱や筋肉の硬さによるもので筋肉のストレッチ不足やフォームによる異常により発症します。
その場合は、安静にしているだけでは完治は難しく、筋肉の柔軟性の改善や投球フォームの見直すなどが重要になってきます。
それ以外に、ボールを投げた瞬間に激痛が走り痛めることが多い内側々副靱帯損傷や上腕骨内側上顆剥離骨折なども内側型野球肘にあたります。

内側型野球肘については、「野球肘内側型を治すために必要な知識を治療について」に詳しく記載してありますのでご覧ください。

1-2.外側型野球肘

外側型野球肘は、

  • 離断性骨軟骨炎

です。
離断性骨軟骨炎は、肘の曲がる部分の軟骨を痛めてしまうタイプの野球肘です。
ほとんどが小学生時に発生し、しっかり治しておかないと肘の変形や曲げ伸ばしに障害を残し、スポーツ選手の将来に大きな影響を与えてしまう野球肘です。
そのため、早期に発見して治療を行う必要があります。
そして、離断性骨軟骨炎になってしまったら野球を行いながら治すことはとても難しいです。
この場合は、しっかり休んで治療に専念しましょう。

外側型野球肘については、「離断性骨軟骨炎を治すための知識を治療について」に詳しく記載してありますのでご覧ください。

はじめの頃は痛くない!?

外側型の最大の特徴は、初期の段階では症状がありません。
軽く不快感を運動後に感じる程度でちょっと疲れたかなくらいにしか感じません。
そのため、野球肘に気づかずにそのまま野球を続けてしまうことで状態が悪化してしまい痛みなどの症状が現れるというケースがとても多いです。
外側型は、野球肘の中で将来を脅かす一番怖い野球肘なので早期に発見することがとても大切なのです。

痛くない初期にどのようにして野球肘を発見するのか?

超音波観察器

では、痛みがない初期の状態に外側型野球肘をどのように見つけるのか?
それは、超音波観察器を使用します。
エコーと呼ばれるもので、妊婦さんが赤ちゃんを見るときなどにも使用されます。
超音波観察器を使用することで、軟骨の状態を確認することが出来るため外側型野球肘が発生しているかわかります。
また、超音波観察器は人体に害がないため子供にも安心して使用できます。

1-3.後方型野球肘

後方型野球肘は、

  • 肘頭疲労骨折
  • 後方インピンジメント
  • 骨端線離開       など

後方型では、二つの原因によって痛みが発生します。
・肘が伸びきる時に骨同士が衝突して痛むもの
・上腕の後ろの筋肉により引っ張られて痛むもの
の二つの原因になります。
野球肘の中では一番発生頻度が少ないです。

後方型野球肘については、「後方型野球肘を治すために必要な知識と治療について」に詳しく記載してありますのでご覧ください。

2.野球肘は休めば治るわけではない!?

野球肘になって、「しばらく運動は禁止にして安静にしてください」と言われたことがあるのではないでしょうか?
安静にしているだけで、また思いっきりボールを投げれるようになるのでしょうか?

それだけでは、野球の練習を再開したらまた肘が痛んでくる可能性がとても高いです。
なぜなら、あなたが野球肘になった原因がなにも解決していないからです。

肘に偏った負担をかけてしまってる原因があなたのカラダの中に隠れています。
その原因を解決せずには野球肘が完治することはありません。

ここでは、野球肘を治すために必要なポイントを2つ紹介します。

野球肘を治すために必要なこと①股関節周りの柔軟性

投球時において、股関節の動きはとても大切です。
ボールを投げる際にカラダを捻って投げると思いますが、このカラダを捻る動きをしているのが股関節なのです。
そのため、股関節の柔軟性が低下すると上半身で無理矢理カラダを捻ろうとしてカラダが開いてしまい肘がトップに位置に来る前に投球動作に入ってしまうため肘が下がり肘に過度の負担がかかり肘を痛めてしまうのです。
ですので、股関節周りの柔軟性を高めることが野球肘を完治させるために必要です。

野球肘を治すために必要なこと②肩甲骨周りの柔軟性

投球時において、肩甲骨の柔軟性はとても大切です。
ボールを投げる際に腕を上に上げたり、腕をしならせていると思います。
この動きは、上半身では肩・肩甲骨・背骨がうまく動くことで行われています。
しかし、この肩甲骨周りの柔軟性が低下してしまうと腕を上げたり、腕をしならせることが難しくなります。
その状態で投球を繰り返していると、過度のストレスが肘に加わり肘を痛めてしまうのです。
ですので、肩甲骨周りの柔軟性を高めることが野球肘を完治させるために必要です。

野球肘の原因は、肘以外に隠されている

このように、野球肘の原因は肘以外に隠されています。
肘だけが悪くて野球肘になる選手はいません。

そのため、しっかりと肘以外に状態を把握することがとても重要です。
そして、肘の痛みでボールが投げれない期間をただ安静にするだけでなく自分の問題点を改善する期間にあてることで野球に復帰した際に野球肘を再発することはないでしょう!
また、自分の問題点が改善することで悪くクセや動きの制限がなくなるため本来のカラダの使い方を取り戻すため練習を休んでいたのにも関わらずパフォーマンスが上がったりする選手も少なくありません。

3.野球肘から最短で野球に復帰する治療法

 

それではここでは、どんな治療を行えば最短に復帰できるのか、具体的な治療を紹介しよう。

3-1.肘の状態を確認する

まずは、肘の状態をしっかり確認しよう。
・肘のどこが悪いのか?内側型なのか?外側型なのか?
・運動制限は伴っているのか?
・投げていると痛みがなくなるのか?

など、しっかりと肘の状態を確認することがとても大切です。
この野球肘は、練習を行いながらでも治るものなのか。絶対に運動をしてはいけないのか。バッティングやランニングは行っても良いのか。といったような肘を状態によって治療の行い方が変わってくるからです。
また、超音波観察器を使用して外側型の野球肘が発生していないかなども確認していきます。

3-2.肘以外のメディカルチェック

大腿直筋短縮テスト先程お話ししたように野球肘を起こしている原因がカラダの中に隠れています。
そのため、各関節や筋肉の状態を確認していき問題点が見つかったところに対してはリハビリメニューを作成し改善するため肘以外もくまなく調べていきます。

 

 

3-3.電気治療を行う

電気治療の効果

  • 炎症を抑える
  • 鎮痛効果
  • 筋肉を緩める

炎症を抑える

電気治療をすることで患部の炎症を抑えることが出来ます。

鎮痛効果

電気治療をすることで痛みを抑える効果があります。
痛みを感じてると患部をかばってしまい余分に力が入り筋肉の緊張が高まってしまいます。
筋肉が緊張し硬くなってしまうと、患部の回復を妨げるため痛みを早期に抑えることがスポーツ復帰を早める第一歩になります。

筋肉を緩める

一番多い内側型の野球肘の場合、前腕の筋肉が緊張することで痛みを発生させているため前腕の筋肉に電気をかけると効果的です。
電気治療を行うことで筋肉を緩めることが出来るため野球肘の原因となる前腕の筋肉を緩めることが出来ます。

3-4.手技治療

手技治療では、特に筋肉の緊張が強い部分を治療していきます。
また、それ以外にも野球肘の原因となっている肩甲骨周りの筋肉を緩めたりとあなたの原因となっている部分を集中して治療していきます。

 

3-5.ストレッチやリハビリを行う

最初に行わせて頂いたメディカルチェックの結果を元に、あなたに足らない部分の筋肉や関節のストレッチやリハビリを行っていきます。
当院では、治療スペースの他にリハビリスペースを設けています。
また、当院スタッフがマンツーマンで行うため適切なフォームや回数で行うため安心して行って頂けます。

3-6.自宅でできるセルフケアやリハビリを伝える

野球肘の痛みもだいぶ軽減してきたら、自宅で行えるセルフケアやリハビリをお伝えします。
自宅でセルフケアやリハビリを行って頂くことで回復が早まります。

また、リハビリのやり方などの来院時にも丁寧に説明させて頂きますが自宅に帰ると分からなくなってしまうことが多々あります。
そのため、当院では動画にてエクササイズのやり方をご紹介していますので自宅に帰っても動画を見ながら安心して行って頂けます。

野球肘に効果的なストレッチ動画

野球肘では、肘の付く前腕の筋肉が硬くなることで起こりやすいためストレッチなどがおすすめです。
そのため、当院ではこのようなストレッチ指導させてもらうこともあります。
また、このような動画も配信しているため自宅でもしっかり行えます。

保護者の方へ

親御さんにとっても子供の肘が痛いと、とても心配だと思います。
そして、野球の場合チームスポーツのため自分のせいで仲間に迷惑をかけてしまうと思うこともしばしばあるのではないでしょうか。

だからこそ、野球肘を早期に改善しなければなりません。
野球肘の場合、適切な処置を早く行えば行うほど早期に回復します。

大好きな野球を思う存分やるために、早く野球肘を治しましょう。
私たちが一緒に良くしていきます。ご質問やご相談がありましたら、葛飾区こばやし接骨院にご連絡ください。

こばやし接骨院の治療についてはこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*