ふくらはぎの痛み

ふくらはぎ肉離れとは?原因・症状・治療などを解説

ふくらはぎ肉離れとは?

ふくらはぎ肉離れとは、ふくらはぎの筋肉を損傷した状態で、ふくらはぎの筋肉が急激に伸ばされた時に発生します。

ふくらはぎの筋肉は、「下腿三頭筋」と呼ばれており「腓腹筋」と「ヒラメ筋」という2つの筋肉で構成させています。
外側に腓腹筋という筋肉があり、その奥にヒラメ筋という筋肉があります。

ふくらはぎの肉離れとは、主に腓腹筋の肉離れです。

ふくらはぎ肉離れの原因

ふくらはぎ肉離れの原因は、ふくらはぎの筋肉に急激な伸ばされる力が加わることで発生します。

この急激に伸ばされる力にふくらはぎの筋肉が耐えきれずに、ふくらはぎの筋肉が損傷してしまうのです。
ふくらはぎを肉離れをする主な動作は、ダッシュ・ジャンプ・切り返しなどの動作が多くの原因になります。

スポーツ中だけではなく、日常動作においても階段を走って降りる・急に走り出すといった動作が原因となる事もあります。

続きを読む

シンスプリントとは?原因・症状・治療を解説

シンスプリントとは

シンスプリントとは、別名「脛骨過労性骨膜炎」と言います。脛骨というすねの骨を覆っている骨膜に負担が加わり過ぎることで炎症が起こっている状態です。シンスプリントでは、「骨を覆っている骨膜」に炎症が起こり痛みが出ているということです。

シンスプリントの原因

まず大切なのは、あなたのシンスプリントを引き起こしてる原因はなんなのか知ることです。
原因が分からなければ、それに対する処置の方法もわかるわけがありません。
そのため、まずシンスプリントを引き起こしている原因を知ろう。

シンスプリントの原因は筋肉が硬くなり骨を引っ張っているから

どこの骨でもそうですが、シンスプリントになるすねの骨にもたくさんの筋肉が付着しています。
そして、先程お話ししたように骨の表面は骨膜で覆われているため筋肉は骨膜に付着しています。
そのため、走ったりジャンプしたりすると筋肉は収縮して骨膜を引っ張ります。
走ったり、ジャンプをスポーツの練習で何度も何度も繰り返されると、何度も何度も骨膜が引っ張られて負担がかかり痛みが発生します。

シンスプリントの原因は、硬く緊張した筋肉によって収縮した際に骨膜が繰り返し引っ張られるからです。
つまり、硬くなっている筋肉を柔軟にしなければシンスプリントは改善しません。
そしてまた、筋肉が硬くなる原因を改善しなければシンスプリントは再発します。
なので、筋肉を柔軟にし筋肉が硬くなる原因を改善出来ればシンスプリントは完治するのです。

続きを読む

受付時間:平日は夜9時30分まで受付!