打撲(打ち身)とは?

からだをぶつけたり打たれたりして、軟部組織が損傷したものを打撲といいます。
軟部組織に、骨は含まれないため骨折や骨挫傷などは打撲には含まれません。
そのため、打撲は筋肉や脂肪といった皮下組織を痛めるものになります。
もし、お腹などを打った場合は内臓損傷の恐れがあるためすぐに病院を受診して下さい。

万が一、打撲してしまった場合の処置は?

冷静に安静にしましょう!

打撲してしまったら、まずは安静第一です。
無理にその場から動かずにその場で座ってしまいましょう。
また、タオルなどで固定が出来る部分であれば固定をして安静に!

状況を確認!

少し落ち着いてきたら、自分がぶつけて部分を確認して見て下さい。
腫れていますか?
打撲でも腫れてきますが、骨が折れていると強く腫れてくるためパンパンに腫れている場合は骨折している可能性があります。
ですので、「あれ?パンパンに腫れてきた」と思ってきたら必ず整形外科を受診してレントゲンを撮ってもらって確認して下さい。

氷で冷やしましょう!

まずご自身で、1番始めに行わなければいけないことはアイシングです。
打撲にしても骨折にしても痛めた組織から出血が起こり炎症が起こっています。
そのため、アイシングを行い炎症を抑えて下さい。
アイシングをすることで、血管が収縮して出血を抑えてくれるため炎症を最小限に抑えることが出来ます。

打撲の症状とは?

損傷を受けた部分が痛み、赤くなって腫(は)れます。
皮下出血(ひかしゅっけつ)をおこすことが多いのですが、外傷直後にははっきりせず、1日から数日して暗紫色となってわかることがよくあります。
これが、「あおたん」と呼ばれる青アザが出来る原因になります。

続きを読む