突き指の治療について


突き指の治療について

突き指とは

スポーツをしていて、特にボールを扱うスポーツをする人では、一度は“突き指”をした事があるでしょう。
突き指というと何か納得する場合がありますが、実はこの突き指…「ケガの名前」ではなく「ケガの仕方」です。
指を突いてしまい、痛めてしまったもの…それが「突き指」と言われるもので、この「突き指」の中に 捻挫や骨折などのケガが含まれています。
激しい骨折ならば症状もはっきりしますが、「骨折」と「捻挫」の境目の「突き指」が実は一番厄介なのです。
指の骨は思っている以上に弱いです。特に指の骨の端は骨折していることが多々あります。
また、成長期の子供の骨は更に弱く、「突き指だから…」と軽くみることは大変危険なのです。

突き指の原因

突き指の原因には、ボールを取り損ねて痛めた・転んで手を突いて痛めたなど日常生活においてよくありそうな場面で発生します。
その大きな外力が指の関節に過度に負荷がかかり、周辺の靭帯や軟部組織が損傷した結果、痛みや腫れが出てきます。
これが突き指になる仕組みです。

突き指の症状

突き指の際によく見られる症状を紹介します。
症状に状態によって、骨折・脱臼している目安になりますので一緒に紹介します。

  • 突き指をして指が腫れた。→捻挫・骨折の鑑別が必要です
  • 突き指をして掌側の内出血が出た。→骨折の疑いもあります
  • 突き指を放おってたら指が曲がらない。→関節が拘縮しているかも
  • 指の先が伸びなくなった。→骨折の可能性が高いです
  • 指が曲がって引っ張ったら戻った。→脱臼と同時に骨折の疑いも

突き指の治療

突き指の治療の場合、原則安静が必要になります。
治療をしては、まずはアイシングを行って炎症を抑えます。
その後、電気治療や超音波などの物理療法を行いギブスや包帯にて固定します。
損傷した組織が回復してきたら、固定を軽くして少しずつリハビリを行っていきます。
ボールを握るリハビリなどの可動域訓練や筋力訓練を行って日常生活に問題がなくなったら治療が終了になります。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

受付時間:平日は夜9時30分まで受付!