腰椎分離症の治療について


腰椎分離症の治療について

腰椎分離症とは

腰椎の椎間板の後方の椎間関節のついてる部分を椎弓と言います。
椎体と椎弓の間には椎弓根がありますが、 椎弓の部分で骨の連続性が断たれてしまい、椎体と椎弓が離れてしまった状態を「腰椎分離症」と呼びます。
腰椎分離症は中学生ぐらいのスポーツ選手に発症しやすい腰痛の一つであり、ヘルニアのような神経痛ではないが、スポーツのし過ぎで発症しやすい。

腰椎分離症の原因

腰部の繰り返しのスポーツ動作によるストレスで起こる関節突起間部の疲労骨折であり、発育期のオーバートレーニングによる場合が多い。
ただし、誰にでも起こるわけではなく体質的な要素もあります。
まれに先天的(生まれつき)に分離している場合もあり、その場合には椎体や椎弓の形態異常を認めることが多いです。
また、両側(左右)分離症の場合は、将来的に腰椎すべり症に移行しやすいのでさらなる注意が必要です。

腰椎分離症の症状

腰痛が主な症状です。
鈍く重い痛みで、体を後方にそらせると痛みが強くでます。
長時間の運動のみならず長時間の立位、座位、中腰姿勢でも起こりやすいが、椎間板ヘルニアの様に神経麻痺〈まひ〉症状を伴うことはありません。
痛みのため、脊柱起立筋の緊張が高まります。

腰椎分離症の治療

一般的に保存療法が第1選択です。
保存療法を選択した場合でも骨癒合を期待しての治療(6~12ヵ月)か、疼痛軽減目的(1~3ヵ月)かで安静期間は異なります。
この2つの違いは、将来のことも考えての決断になります。
現在、スポーツをしており1年は休んでいられないし、なんとしてでも大会に出たいというのか、しっかり骨をくっつけてのちのちに腰痛に悩まないで良いようにするかというどちらのことを優先するかです。
実際には、長期間の休止は選手や周囲の理解が得られず、早期に復帰してしまい症状の再発を繰り返す場合が多く見られるため、治療を行って行く前にどちらの方針で治療を進めていくかとても重要になります。
治療としては、電気治療などの物理療法を行い体幹の保護には幅広の腰ベルト(コルセット)も有用です。
一定の安静期間後に疼痛が軽減したら体幹のストレッチング、腹背筋訓練など基本的運動を開始します。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

受付時間:平日は夜9時30分まで受付!