坐骨神経痛の治療について


坐骨神経痛の治療について

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛は腰痛とともに足の痛みと痺れが起こるのが特徴です。
坐骨神経痛の原因はひとつではありません。
坐骨神経のどこかの部分で神経を圧迫して発生するため、腰で神経が圧迫されている方やお尻の筋肉によって神経が圧迫されている方など、人によって原因が異なります。

坐骨神経痛の原因

原因は神経の圧迫ですが、腰~お尻~太もものどこかで神経が圧迫され坐骨神経に沿って痛み、シビレが生じます。
そのため、一言で挫骨神経痛といっても原因は様々であり、適切な原因解明が必要と言えます。
多くの場合は、腰部かおしりにて神経が圧迫されていることが多いです。

坐骨神経痛の症状

坐骨神経痛は”腰”から”かかと”まで痛みを伴いシビレる場合もあり、また運動障害なども引き起こします。
坐骨神経は下肢の運動をつかさどっているため、歩く、座る、しゃがむなど一つ一つの動作に制限を及ぼすこともすくなくありません。 初期症状としては下記のようなものがあげられます。
・「怪我などはないが足が痛む」
・「背中、腰背部が痛む」
・「ふくらはぎや太ももがしびれる」
・「足に力が入らない。」

坐骨神経痛の治療

坐骨神経痛の治療において、原因追及は不可欠です。
まずはどの部分で坐骨神経を圧迫してしまっているのかを正確に判断したうえで治療を行っていきます。
それにより痛み、シビレに改善が見られれば、機能回復の治療に進みます。
電気治療や超音波治療、マッサージ、体操、ストレッチなど を積極的におこなっていきます。
また、痛みが改善したら再発防止のため筋力の増強や柔軟性の強化の 治療をし完治となります。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

受付時間:平日は夜9時30分まで受付!