足関節捻挫の治療について


足関節捻挫の治療について

足関節捻挫とは

捻挫とは、関節に加わる外力により靱帯や関節包を損傷することです。
足関節捻挫(靱帯損傷)はスポーツによる急性外傷としては最も頻度が高く、かつ重症度の高い障害ですが、軽視され慢性化する場合が多いので注意を要します。

足関節捻挫の原因

足関節は外反より内反方向に可動性が高い関節です。
そのため、滑ったり、足の上に乗ったりすると、急激な内反方向にもっていかれて外側にある前距腓靭帯などが伸びたり断裂します。
多くが外側の靭帯が損傷する内反捻挫です。
バレーボールやバスケットボール競技で特に多く発生します。
ジャンプの着地時に人の足の上に乗り、足関節の内反が強制されて起こる場合が最も重症です。
床で滑って足をひねった場合(自損例)は中等症の損傷が多く、サッカー、ラグビー、アメリカンフットボールなどにみられる接触プレーをはじめ、野球のスライディング、体操競技、テニスに多く発生します。
ときに、外反が強制された内側の損傷例もあります。

足関節捻挫の症状

足関節全体が腫れて疼痛が伴います。
また、損傷した靱帯部を押すと圧痛を認めます。
ひどい場合には、血腫が確認でき歩行困難になることもあります。

足関節捻挫の治療

急性期では受傷部位を確認し、アイシングを行い、包帯・テーピングによる固定を行い患肢挙上により安静を保ちます。
受傷初期は固定を行い足関節の運動制限をきたすため、痛みの伴わない範囲でアキレス腱のストレッチングが大切です。
その後、靱帯の回復具合を確認していきながら、腓骨筋などの下腿の筋肉のトレーニングを行っていき筋力を戻していきます。
そして、競技復帰に向けてリハビリを行っていきます。

下記のように、足関節捻挫は3つの分類が出来ますので治療の参考にして下さい。

1度:靱帯の微細損傷や軽度の圧痛があるが、いわゆるちょっとひねった程度であるため、当日もしくは2~3日で競技復帰が可能な状態。歩行や軽い走行も可能。
2度:靱帯の部分断裂で圧痛、腫脹が強く、歩けるが走れない。競技復帰まで2~3週間かかる。装具やテーピング、固定が必要です。
3度:完全な靱帯断裂で圧痛、腫脹、熱感、皮下出血が強く、自分で歩くのがやっとです。競技復帰まで1~2ヵ月を要します。医療機関での治療(ギプスや装具による強固な固定、もしくは断裂靱帯の縫合手術)が必要です。

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

受付時間:平日は夜9時30分まで受付!