ケガをしたときに症状を悪化させないためのRICE処置


足首を捻挫してしまった、打撲をしてしまった、肉離れをしてしまったなどケガをしてしまったときにRICE処置はしていますか?RICE処置を行わないと症状が悪化してしまいます。病院や接骨院にいくまでにRICE処置を行うことで、ケガの悪化を防ぐことができ、またケガの悪化を防ぐことが早期回復につながります。応急処置のなかでも一番大事なRICE処置というのを紹介します。

ケガをしたときに症状を悪化させないためのRICE処置

RICE処置とは?

=REST(安静)

=ICE(冷却)

=COMPRESSION(圧迫)

=EREVATION(挙上)
 
RICE処置とは上記4つの方法の頭文字を取っていて、安静・冷却・圧迫・挙上の4つのことをいいます。

1.安静:REST

まずはケガをしてしまったら患部(痛めた部分)を動かさず安静にすることです。安静はRISE処置の中で最も重要な処置です。スポーツなどでケガをしてしまった際に選手は興奮しているので、痛みをこらえて動き続こうとしてしまいます。無理に動き続けてしまうことで痛めている部分の傷口が広がってしまい、患部が悪化してしまいます。まずはケガをしてしまったら一旦プレーから離れ、患部の状態を把握して、プレーを続けることができるものなのか判断しましょう。

2.アイシング:ICE

足首アイシング氷のうなどで患部(痛めた部分)を冷やすことです。冷却いわゆるアイシングのことです。損傷した部分から炎症や出血が出てきますが、アイシングをすることで炎症や出血を抑える役割を持ちます。

 

 

2-1 アイシングの効果

2-1-1 腫れや炎症を抑える

ケガをした部分をアイシングすることで血液の流れを減少させて、患部からの出血を最小限に抑えます。出血を抑えることで、腫れや炎症を抑えることができます。

2-1-2 ケガをしてしまった部分の体温を低下させる

アイシングをすることで、冷やしている部分の体温、新陳代謝を低下させ、炎症を抑えて痛みを和らげます。炎症を放っておくと、どんどん出血が広がり、ケガをしてない部分の筋肉などが酸素不足となり壊死していきます。それを二次的酸素障害と言います。翌日に腫れが増したり、痛みが強くなる原因がこれなのです。アイシングを適切に行い、炎症や出血を抑えることがとても大事です。

2-1-3 アイシングをする際のポイント

アイシングをするときは湿布や保冷剤を使わないようにします。
よく勘違いされやすいですが、湿布や保冷剤にはアイシングの効果はあまりありません。
湿布は、鎮痛効果はあっても炎症や出血を抑える効果は少ないため注意しましょう。
また保冷剤もアイシングの効果が少ないです。人間は0℃で冷やすことで、深部までアイシングされるのですが、保冷剤などの0℃以下のもので冷やしていると、熱を吸収する力が少なくなるので、皮膚などの表面ばかり冷やされて、深部までは冷やされにくくなります。また凍傷の危険もあります。
一番0℃に氷が少しとけるぐらいの氷水が熱や炎症を吸収してくれます。

2-1-4 20分間アイシングを行う

アイシングをする時間の目安は約20分間です。人によって個人差はありますが適度に効果が得られて、かつ冷やしすぎにならない時間です。
アイシングする際のもう一つの目安として

①冷たくて痛い感覚
②暖かい感じ(短い時間ポッと暖かくなる感覚)
③ピリピリする感覚(針でつかれている感じ)
④感覚がなくなる

アイシングをしていると、①⇒②⇒③⇒④の順番の感覚になります。この④になったときにアイシングは終了しましょう。ちょうどこの感覚になるのが約20分程度なのです。感覚がなくなると麻酔と同じ効果で痛みが和らぎ、また患部の熱を吸収した目安になります。

アイシング時間の目安

アイシング 表

2-1-5 受傷してから3日間はアイシングを行う

なぜ3日間アイシングを行うかというと、ケガをしてから約3日間は炎症期と言って、炎症や腫れなどがどんどん出てきます。この炎症や腫れを抑えるために炎症期が終わるまでの3日間はアイシングをする必要があります。

3.圧迫:COMPRESSION

圧迫しながらアイシング伸び縮みする包帯やバンテージ、テーピングなどで患部を圧迫させることです。圧迫させることで出血や腫れを防ぐことができます。
またアイシングと一緒に行うのもおススメです。

 

3-1 圧迫をするときの注意点

強く締めすぎないこと。圧迫が強すぎると、血流を悪くしたり、神経を圧迫してしまいます。手先や足先に痺れが出ていないか、爪の色が青くなっていないかなどの感覚に異常がないか確認しながら行いましょう。

4.挙上:EREVATION

拳上心臓よりも高い位置に患部を挙上させることです。これを行うことで患部への血液量が抑えられるので、炎症や腫れを軽減させることができます。アイシングと圧迫をしながら挙上させるとなお効果的です。足をケガしたときの場合はイスや台、マクラやクッションなどになるべく高い位置で足を保持できるところにのせておきましょう。

まとめ

RICE処置を行うことでケガの悪化を防ぐことができます。ケガをしてしまったときにRICE処置を行わないために症状が悪化してしまい、治るまでの期間が長くなってしまうこともあります。またあくまでもRICE処置は応急処置の一つなので、これを行ったからといって治るというわけではありません。RICE処置を行った後は必ず整形外科や接骨院で治療をすることをおすすめします。
最後にR=安静、I=冷却、C=圧迫、E=挙上をみなさんの頭の片隅に入れておいて、ケガした際にこの言葉を思い出してRICE処置をしてください。

こばやし接骨院の治療についてはこちら

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*