肉離れを最短で治す治療法


肉離れ3連

今回は肉離れを最短で治す治療法を紹介しよう。
肉離れは適切な治療を行い、スポーツ復帰が出来るようになるまでリハビリを行うことで、最短でスポーツ復帰したときにパフォーマンスを落とさずに、全力でプレーをすることが出来るようになる。
まずは治療法を紹介する前に肉離れとはどんなものなのか簡単に説明しておこう。
スポーツをしている人なら走ったり、ジャンプをしたときに太ももやふくらはぎの肉離れを経験したことがある人は多いのではないだろうか?
また肉離れが治ったと思い、スポーツに復帰したあとに肉離れを再発してしまう方も多い。
肉離れというくらいなので、筋肉があるところならどこでも肉離れを起こす可能性があるが、やはり体重を支える足に多いケガ。

この肉離れは、「肉離れならたいしたことないかな」と思う人が多く、放置されやすいケガの一つである。
たしかに治療をしなくても痛みは軽減していくが、肉離れは程度によって復帰の期間や治療方法が変わるもの。
肉離れを起こしているにもかかわらず運動を続けたり、適切な治療やリハビリを行わずに早期に運動を開始したりすることで、なかなか治りきらない、治りかけの肉離れの部分を再発させてしまったり、また肉離れを起こしてしまった部分の周りの筋肉がケガをしやすくなるため、そこをまた痛めたりと、実はやっかいなケガなのである。

特にスポーツに力を入れている人は、パフォーマンスが著しく落ちたり、肉離れの再発を繰り返すなど満足に身体を動かせないことが増えるのできちんと治療することをおススメする。

肉離れを最短で治す治療法といっても、肉離れが1日や2日で治るというわけではない。
あとで説明するが、肉離れの程度によって復帰期間は変わってくる。
当院でも適切な治療を行えば、日常生活に不自由ないぐらいにはすぐに戻るが、復帰するまでのプロセスを守らずに、スポーツ復帰をすると再発したり、肉離れのところにしこりが残り、満足なパフォーマンスができなくなる。

これから紹介する治療法は復帰したときに再発せず、全力でスポーツが出来ようになるための治療である。

それでは早速治療法をみていこう!

肉離れを最短で治す治療法

1.肉離れかなと思ったらすぐに接骨院、整形外科で治療を受ける

そんな当たり前のことと思われる人もいると思うが、肉離れは自己判断で様子をみる人がかなり多い。
肉離れかなと思ったらすぐに治療を受ける必要がある。その理由は大きく2つあるからだ。

・肉離れの損傷度合いを正確に把握することで、スポーツへの復帰期間の目安がわかる
・瘢痕組織がなるべくできないようにするため

1-1、肉離れの損傷度合いを正確に把握することで、スポーツへの復帰期間の目安がわかる

すぐに治療をうけたほうがいい理由として、スポーツへの復帰の目安がおおよそわかるからだ。ケガをしたときに1番気になるのはどれぐらいで復帰できるかだと思う。
治療せずに様子をみているとなかなか痛みが引かない場合があるからだ。
肉離れをした部分には圧痛(押しての痛み)、腫れ、筋の硬さ、陥凹(筋肉がへこむ)などが重症度に応じてみられる。

例えば重症な肉離れほどケガをした部分の筋肉のへこみが触れやすくなる。
しかし重症でも肉離れ後数時間経過すると、血腫といって、肉離れをした部分から出血が起こり、血の固まりが筋肉のへこんだ部分を満たすようになる。
軽症の場合、筋肉はへこまないため、血腫で肉離れの部分が満たさせてしまうと、正確な判断が難しくなってしまう。
この肉離れの部分がへこんでいるか、へこんでいないかは軽症か重症かの判断基準にもなる。
これらの症状を正確に把握することで、スポーツへの復帰期間の目安がわかってくる。

筋肉の損傷程度によって、筋肉が回復する期間やリハビリする期間も変わるので、スポーツへの復帰時期がわかることで、復帰への目標に向けて治療やリハビリに専念出来るようになる。
また試合や大会が近ければ、試合に間に合うかどうかもわかりチームに伝えることもできる。
自己判断で復帰をしてしまうと肉離れした部分にゴリゴリしたしこりが大きく残ってしまい、きちんと治るまでに数カ月もかかってしまうこともある。 

肉離れは程度によって復帰期間は変わってくる。ここで損傷程度によっての復帰期間の目安を紹介する。

軽度:筋線維の断裂はないが、筋が引き伸ばされた状態。筋力や可動域制限が起きることは少ないが、運動をすると筋肉が引き伸ばされた部分に不快感や違和感、痛みがある。
1~2週間位でスポーツ復帰可能。

中度:筋肉の部分断裂である。完全には断裂していないもの。圧痛と腫れがみられ、筋肉の伸び縮みは可能であるが、痛みのためできないこともある。肉離れした部分にへこみがみられるものもある。
スポーツ復帰までは6週間前後。

重度:筋肉が完全に断裂しているもの。筋肉間にへこみがあり、強い圧痛を認め、血腫を形成する。筋肉の伸び縮みはできない。肉離れ後24時間前後に皮下出血がみられることがある。筋肉が一度にまとまって切れることは少なく、軽度、中度の肉離れを繰り返した後に起こることが多い。
復帰までには数カ月必要。

1-2、瘢痕(はんこん)組織が出来てしまうのをなるべく小さくするため

筋肉が肉離れを起こすと肉離れをしてなくなった部分に、筋肉を再生させるための細胞が増殖してきて、瘢痕組織というものができる。
この瘢痕組織というのは筋肉とはちがうので、初期のころは柔軟性に乏しい組織。
また肉離れ後には出血が起き、血腫が出来る。この血腫が大きいほど、瘢痕組織が大きくできてしまう。

%e8%82%89%e9%9b%a2%e3%82%8c%e3%81%97%e3%81%9f%e7%ad%8b%e8%82%89%e3%81%ab%e7%98%a2%e7%97%95%e3%81%8c%e5%87%ba%e6%9d%a5%e3%82%8b

肉離れをして、すぐに治療をすることで、肉離れした部分をそれ以上離れないようにしたり、血腫ができるのを抑えることが出来る。早期から治療をすることで瘢痕組織をなるべくできないように出来るということだ。
瘢痕組織が残ってしまうと筋肉を触った時にごりごりしたしこりになってしまう。このしこりが大きいほど柔軟性が少ない部分が残っているということになるので、スポーツに復帰したときに肉離れが再発してしまう可能性が大きくなり、パフォーマンスが落ちる原因にもなる。
 肉離れを起こした時は鋭い、力の抜けるような痛みや、場合によっては「ブチ」や「ポン」と音がしたような、突然の衝撃を感じることが多く、肉離れした本人も痛めたかなとわかるので、それを感じた人は肉離れならたいしたことないから大丈夫かなと自己判断せずに、接骨院や整形外科などで診てもらおう。

2、肉離れから最短でスポーツ復帰する治療法

それではここからはどんな治療を行えば最短でスポーツに復帰できるか、具体的な治療法を紹介しよう。

2-1、患部をアイシングする

肉離れした筋肉をアイシングするアイシングをすることで、肉離れをしてしまった部分の炎症や出血を抑えることができる。
炎症や出血を少しでも抑えることで、瘢痕組織が大きくならないようにすることができる。
基本中の基本なので、もしすぐに治療にいけないようであれば、自分でアイシングだけでもやってもらいたい。これだけでその後の復帰期間が変わることもある。
アイシングをする際に湿布で冷やす人もいるが、湿布には鎮痛効果はあっても、筋肉の炎症や出血を抑える効果は少ない。必ず氷で冷やそう!

2-2、電気治療を行う

肉離れした筋肉を電気治療する電気治療の効果

  • 炎症、出血を抑える
  • 鎮痛効果
  • 肉離れの修復

2-2-1、炎症、出血を抑える

電気治療をすることで、肉離れをしてしまった部分の炎症や出血を抑えることができる。

2-2-2、鎮痛効果

人間は痛みを脳で感じると防御反応で筋肉をかためてしまう。痛みを感じないことで、肉離れの回復を促す準備ができあがる。

2-2-3、肉離れの修復

電気を流すことで、切れてしまった肉離れの組織の修復を早めることができる。炎症や出血を抑えた後に血流をよくする電気を流す。肉離れしたあとを埋めてくれている瘢痕組織は、初期の頃は柔軟性が少ない組織。柔軟性を高めるために手技療法やストレッチなどを行うが、初期の頃はストレッチなどをおこなうと、逆に筋肉が余計に切れてしまうため、電気を流すことで瘢痕組織の柔軟性を高める。

2-3、超音波治療

肉離れした筋肉を超音波で治療する超音波治療の効果

  • 炎症、出血を抑え、鎮痛効果
  • 浅い筋肉から深部の筋肉まで温める

2-3-1、炎症、出血を抑え、鎮痛効果

超音波治療は肉離れの初期には電気治療と一緒で炎症や出血を抑え、また鎮痛効果がある。

2-3-2、浅い筋肉から深部の筋肉まで温める

超音波治療の最も優れているところは浅い筋肉から深部の筋肉まで温め、血流を良くし、瘢痕組織の柔軟性を高めてくれるところ。
肉離れで筋肉の深いところが切れていると、電気治療や手技療法では届かない場合がある。
この場合超音波を使うことで、深部の筋肉まで効率よく温めることができる。

 2-3、手技治療

肉離れした筋肉を手技で治療する初期の頃は筋肉を緩めるというよりも、手の治療で筋肉がこれ以上離れないように寄せる治療をする。
筋肉がある程度回復してきたら、瘢痕組織の柔軟性を高めるように、血流を良くする治療などや硬さを取るような治療をしていく。

手技療法で血流をよくするというとマッサージを想像する方も多いと思うが、肉離れの治療をするときに患部を押したり、揉んだりすると逆に悪化させることもある。気を付けよう。

2-4、肉離れした部分を圧迫

  • 肉離れした筋肉をサポーターで圧迫する

    圧迫力があるサポーターがオススメ

    腫れを最小限におさえる
  • 肉離れした筋肉の傷口を広げない

2-4-1、腫れを最小限におさえる

肉離れをした部分を圧迫することで、出血による腫れを最小限におさえることが出来る。

2-4-2、肉離れした筋肉の傷口を広げない

足の肉離れの場合など、歩くため、全く筋肉を使わずに安静にすることはとても難しい。
筋肉を圧迫することにより、肉離れした筋肉がそれ以上広がらないようにすることができる。

 

肉離れ後に弾性包帯は良くない

弾性包帯だとすぐほどけてしまうことが多い

圧迫するものとして、弾性包帯などがあるが、おススメするのは圧迫力があるサポーター。弾性包帯でも圧迫できないことはないが、肉離れが多く起こる太ももやふくらはぎなどは太さが場所によってちがため、弾性包帯だと歩いていたりするとすぐにほどけてしまう。
またサポーターであれば着脱が楽なところもおススメ。

 

2-5、ストレッチ

肉離れした筋肉をストレッチする肉離れをした部分がある程度回復してきたら、柔軟性を高めるためにストレッチを行っていく。ストレッチも始めるタイミングが早いと、肉離れの部分を悪化させる。ストレッチを行うタイミングとしてはストレッチをしているときに、ストレッチされている本人が肉離れを起こした部分に引きつけるような痛みではなく、ストレッチ感を感じることが大事。
ストレッチ感ではなく、引きつけるような痛さを感じるときは、まだストレッチを開始するのが早いということだ。

 

 

 

2-6、筋肉の強度を高める

肉離れした筋肉をリハビリする肉離れをした部分の血流をよくしていき、ストレッチなどで柔軟性をつけていく。
ただスポーツに復帰する際には柔軟性を改善するだけでは不十分。
柔軟性を高めた後は、筋肉の強度を高める必要がある。肉離れの疼痛が消えると完治と勘違いしてしまい、肉離れした筋肉の筋力および柔軟性がまだ不十分な状態で、ケガ前の運動強度でスポーツをすると、運動の強度に耐え切れず、肉離れが再発してしまう。
何度も繰り返すと慢性になる。
また急激に負荷の高いリハビリを行うことも再発の原因になる。リハビリは段階的に強度をあげなければならない。
慢性になってしまった場合は治療と一緒に、一度はじめからリハビリを開始することをおすすめする。

リハビリの強度の段階的なあげかたはまた別の機会に詳しく書きたいと思う。

※テーピング

肉離れした筋肉にテーピングをする今回治療としてテーピングを入れなかったが、肉離れをしてどうしても試合が近いときなどにはテーピングを行うこともある。
しかしテーピングをして試合に出てしまうと、瘢痕組織(しこり)ができやすい状態になってしまうので注意が必要である。
瘢痕組織が出来てしまうと、パフォーマンスが落ちてしまうので、あまり無理に試合に出ることはおススメしない。
しかし学生最後の大会や、その試合の後に当分試合がなく、試合後ゆっくり休める状況などであれば、無理にでもテーピングをして試合に臨むこともある。
今後の予定などよく考えて、テーピングをすることが大事である。

 

これで出来るだけ早く治療を受ける重要性がわかったと思う。

最短でスポーツ復帰するには早期治療がもっとも有効である!

こばやし接骨院の治療についてはこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*