成長痛ではない!?オスグット病を早期に治す治療法


小学生から中学生の子供に多く発生する膝の痛みオスグット病。
サッカーやバレーボールなどスポーツを行っていて、なかなかオスグッド病が治らずに悩んでいませんか?
 オスグット病は、身長がよく伸びている時期に起こる成長痛と思われており、成長期の時期は痛みがあっても仕方ないと思われていませんか?
そんなことはありません。
オスグット病は、適切な治療を行うことで早期に治すことが出来ます。
オスグッド病は、成長痛ではなくカラダの使い方によって発生する痛みのため、電気治療で痛みを押さえながらカラダの使い方よくするエクササイズを行うことで痛みがなくなります。
ここでは、そんなオスグッド病を早期に治すために手順を紹介します。

オスグット病を早期に治す治療法

まずは、オスグッド病についてご説明します。
オスグッド病を治すためには、どのようにしてオスグッド病になってしまったかを理解することで治療への理解が高まります。

オスグット病とは?

10歳から15歳の成長期の子供の膝が痛くなる障害です。
オスグッド病は、「オスグッド・シュラッター病」とも呼ばれます。
スポーツ中でも、特に跳躍をよくするバスケットボールやバレーボール、ボールを蹴るサッカーなどのスポーツに発生することが多いです。
 オスグット病は、成長期の子供にしか起こらない障害です。
大人がオスグット病になることはありません。
オスグット病が成長期の子供にしか起こらない理由は、子供と大人の骨に違いがあるためまずは骨についてご説明します。

大人と子供の骨の違い

大人の骨と子供の骨の違い大人と子供の骨には、大きな違いがあります。
右の図をご覧ください。左側が大人の骨で右側が子供の骨です。何か違う所がありませんか?
そうです。子供の骨の端が分かれています。
これは、骨端核といって骨の成長する部分になります。この部分があることで、骨が伸び成長します。
この部分が閉鎖してなくなると骨が伸びることがなくなり、成長が止まり大人と同じ骨になります。
この骨端核が、今回ご説明するオスグッド病に大きな関係がありますので覚えておいてください。

1.オスグッド病になるメカニズムとは?

膝の解剖膝の関節は、大腿骨という太ももの骨と脛骨というふくらはぎの骨が主に繋がって関節になっています。その他に、みなさんがよく膝のお皿という膝蓋骨という骨や脛骨の横に腓骨という細い骨で構成されています。
ふくらはぎにある脛骨という骨にも骨端核があり、その端の部分に脛骨粗面と呼ばれる膝蓋靭帯が着く部分があります。
この脛骨粗面から膝蓋骨(お皿)に向かって膝蓋靭帯、太ももでは大腿四頭筋となり骨盤まで繋がっています。
これが、子供の膝の構成です。

 

オスグッド病では、大腿四頭筋という筋肉が何かしらの原因によって短縮したり硬くなると膝蓋靭帯を通して脛骨粗面(骨端核)が引っ張られます。
何度も何度も脛骨粗面が引っ張られると、脛骨粗面(骨端核)が剥がれてしまい痛みが発生します。
この一連の流れによって、オスグッド病が発生するのです。

オスグッド病になる詳しい原因につきましては、「オスグッド病になる本当の原因」記載してありますのでご覧下さい。

オスグット病のメカニズムそのため、オスグッド病は成長痛ではなく成長期にある骨端核に負担がかかり発生する痛みであると言えます。

2.オスグッド病になりやすい子供の3つの特徴

オスグッド病が成長痛ではないことがわかって頂けましたか?
では、どのような子供がオスグッド病になってしまうのでしょうか。
何人ものオスグッド病の子供を治療していると、よくみられる特徴がありました。
また、簡単に出来るテストも含んでおりますんで、この3つのどれかに問題がある子はそれが原因でオスグッド病になっており、またこれが原因でこれからオスグッド病になる可能性がありますのでチェックしてみて下さい。

①筋肉が硬い

大腿直筋短縮テストオスグッド病になる子の一つ目の特徴して、筋肉が硬い子が多いです。
例えば、オスグッド病にもっとも関係ある大腿四頭筋の柔軟性をみる方法としてうつ伏せに寝て膝を曲げていき、かかとがお尻につくかみるテストがあります。
柔軟性がしっかりあれば、簡単にかかとがお尻に付きます。
しかし、柔軟性が落ちているとかかとがお尻に着く前に太ももの前が突っ張ったり、お尻が上に上がってきたりしてしまいます。

②しゃがみ込めない

しゃがみ込めるオスグッド病になる子の二つ目の特徴として、しゃがめ込めない子が多いです。
和式トイレに入るときのようなしゃがみ込むような姿勢ととらせると、オスグッド病になる子は後ろにしりもちをついてしまったり、かかとを浮かしてないとその姿勢を保てない子が多いです。

③スクワットが上手に出来ない

オスグッド病になる子の三つ目の特徴として、スクワットが上手に出来ない子が多いです。
スクワットの姿勢は、ジャンプをする時のしゃがみ込む姿勢につながるためスクワットの姿勢がしっかりとれるかどうかというのはとても大切なポイントになります。
当院にオスグッド病で来院された子供にスクワットを行わせると、多くの場合が下記の写真の二つのような姿勢になります。

膝優位スクワット 骨盤後傾スクワット

後ほど、この2つのスクワットの問題点に関しては詳しくご説明します。

3.オスグッド病の症状

・走ると痛い
・自転車をこぐと痛い
・正座すると痛い
・盛り上がったところを押すと痛い

オスグッド病では、上記のような症状を膝蓋骨(お皿)の5㎝程下の部分(脛骨粗面)に痛みを認めます。
また、症状が悪化してくるとその部分に硬い盛り上がり(隆起)が現れてきてます。

オスグッド病の症状については、「オスグッド病の症状|オスグッド病を判断するためのポイントとは」に記載してありますのでご覧下さい。

突出した隆起は戻らない!?

オスグッド病の症状が悪化すると、痛みがある部分が突出してくる場合があります。
これは、剥がされた骨端核があるまま(痛みがあるまま)無理して動いているために骨が変形してしまったものです。
そのため、一度突出してしまうと戻ることはありません。
しかし、突出を戻すことは出来ませんが痛みは解消できますので安心してください。
 また、骨が突出するのが嫌な場合は早期より治療を行うことが大切になります。

4.オスグッド病の治し方・治療法

①炎症を抑え、硬くなっている筋肉を緩める

治療機器4

骨の直接刺激を与えて、修復を促す低出力パルス治療器

痛みの発生している部分の炎症を抑えながら、原因となっている大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)をはじめとした膝周りの筋肉を緩めましょう。電気療法や手技によるマッサージなどが効果的です。
また、症状が悪化して骨が剥がれてし待っている方は骨に直接刺激を与えて骨の修復を促す低出力パルス治療器などが効果的です。

 

 

※ストレッチはダメ!!

ストレッチは駄目筋肉を緩める方法として、ストレッチがありますがオスグッド病の場合では太ももの前側を伸ばすストレッチはやめましょう。
原因となっている大腿四頭筋を緩めるためには効果的ですが、同時に痛みの発生している部分(脛骨粗面)に引っ張られる力が働いてしまうためオスグッド病が悪化する可能性がありますので大腿四頭筋のストレッチはやめましょう!!

②カラダの使い方を整える

オスグッド病の場合、原因となっている筋肉を緩めるだけでは完治することはありません。
なぜなら、運動中に大腿四頭筋に過度な負担がかかるような使い方をしていたらまたすぐにオスグッド病が再発してしまうからです。
そのため、先程オスグッド病になりやすい子の特徴で話したような「しゃがみ込めない」「スクワットが上手に出来ない」といったカラダの問題点を改善して運動中の動きから大腿四頭筋に負担がかからないようにしていきます。

カラダの使い方の問題点を確認するポイントとは?

もう一度、先程のオスグッド病になりやすい子供のスクワットの写真を見てください。

膝優位スクワット 骨盤後傾スクワット
どこに問題がありそうですか?

正解は、股関節をしっかり使えていているどうかです。

 左側の写真は、股関節がほぼ曲がっておらず膝関節を酷使してスクワットしています。
この形で、ジャンプなどを繰り返すと膝だけで行っているので膝の曲げ伸ばしに関与する大腿四頭筋に過度な負担がかかるためオスグッド病になります。
膝優位スクワット 線あり
 

右側の写真では、一見うまくスクワットが出来ているように見えますが骨盤をよく見てください。
骨盤が丸まっているのがわかります。
この場合は、股関節を使っているわけではなく骨盤を丸めてスクワットをしています。
この形だとなぜオスグッド病になりやすいかというと、オスグッド病に関係する大腿四頭筋は骨盤まで繋がっています。
そのため、骨盤が丸まってしまうと筋肉が伸張されてしまうため痛みの出る部分(脛骨粗面)を引っ張る力が強まりオスグッド病になります。
骨盤後傾スクワット 線あり

このように、一番はスクワットを行わせて股関節がうまく使えているか確認して見てください。
 また問題点を解決することで、下記のようなスクワットが出来るようになります!
この形だと、股関節や膝関節など全体を使って行えているためオスグッド病にはなりづらくなります。
正常なスクワット

オスグッド病改善に繋がるカラダの使い方を整える方法とは?

①股関節周りの筋肉をストレッチする

筋肉が硬くなると関節の動きを邪魔するため、まずはストレッチを行って筋肉を緩めましょう。
股関節でしたら、お尻や太ももの裏側などをストレッチすると効果的です。
実際に当院で行っている股関節周りのストレッチを紹介します。

〇お尻のストレッチ〇

②自分で動かす練習をする

邪魔する筋肉をしっかり取り除いたら、今度は自分でしっかり股関節を動かす練習をしましょう。
自分で股関節を動かすという感覚を身につけなければ、実際の運動中に動かすことは出来ません。
実際に当院で行っている股関節を動かすエクササイズをご紹介します。

〇ヒップリフト〇

このように、炎症を抑えて原因となっている筋肉を緩めながらカラダの使い方を整えることでオスグッド病を早期に治すために大切です。

5.オスグッド病にはサポーターやテーピングが効果的!

膝のサポーターには様々な種類がありますが、オスグッド病に時におすすめのサポーターはバンド型のサポーターです。オスグッド病で痛みが出るメカニズムは、骨端核(脛骨粗面)が膝蓋靭帯によって引っ張られることで発生するとお話しさせて頂きました。
そのため、バンド型のサポーターを痛みある部分(脛骨粗面)の手前に巻く事で痛みのある部分にかかる引っ張られる力を抑えることができるため効果的です。
テーピングを巻く場合では、サポーター同様な効果があるように巻くと効果的ですので紹介します。

 オスグッドサポーター  オスグット病サポーターの効果

オスグッド病に効果的なテーピングの巻き方

1、アンダーラップを膝のお皿の下に2、3周巻く。
テーピング1
2、巻いたアンダーラップを上・下から丸めて一本の紐状にする。
テーピング2
3、丸めた一本のアンダーラップをお皿と痛みのある部分の真ん中に調整して上からキネシオテープで押さえます。
テーピング3

これで、サポーターと同様の効果のあるテーピングの出来上がり!!

まとめ

オスグッド病は、小学生から中学生の子供の膝が痛くなる障害です。
オスグッド病は、成長痛ではなく成長期にある骨端核に負担がかかり発生する痛みのため成長期に必ず伴う痛みではありません。
そのため、成長期だから痛みがあるのは仕方ないと思い、そのまま放っておくと膝下の骨が出っ張ってきてしまい骨の出っ張りがずっと残ってしまうことにもなりかねませんので注意か必要です。
オスグッド病になる子供には、
・筋肉が硬い
・しゃがめ込めない
・スクワットが上手に出来ない
といった3つの特徴があります。
この3つの特徴がオスグッド病を引き起こしている本当の原因になります。
特に、しゃがみ込めない・スクワットが上手に出来ないというのは運動時の動きに直結するため解消しなければなりません。
そのため、オスグッド病を早期に治すためには筋肉を緩めるのと並行してスクワットが上手に出来るようにするためのエクササイズを同時に行っていく必要があります。
また、オスグッド病にはサポーターやテーピングが効果的なので運動をしなければならない場合を使用することをおすすめします。
オスグッド病は、適切な治療を行えば早期に治ります。
成長期だから痛みがあっても仕方ないと思わずに、葛飾区こばやし接骨院にご相談ください。

こばやし接骨院の治療についてはこちら

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*