ジャンパー膝で痛みが出る3つのタイプと症状


ジャンパー膝バレーボール、バスケットボールなどジャンプや走る動作が多いスポーツで膝の下が痛くて困っている選手は多いと思います。
「ジャンパー膝(ジャンパーズニー)」と、診断された方もおおいのではないでしょうか?
また、膝の痛みの原因がなにかわからない方はジャンパー膝の可能性があります。
今回は、そんなジャンパー膝で痛みが出る3つのタイプを紹介します。

ジャンパー膝とは?

ジャンパー膝とは膝の下にある腱が痛むものであり、膝蓋靭帯炎または膝蓋腱炎ともいいます。ジャンプが多いスポーツ選手に多いのでジャンパー膝と言われています。
太ももに大腿四頭筋という大きな筋肉があり、その中の一つで大腿直筋という筋肉があります。この筋肉は骨盤から膝のお皿まで筋肉が付いていて、お皿から下では膝蓋腱という腱になり、すねの骨まで付いています。
この大腿直筋という筋肉がジャンプやダッシュなどのスポーツ動作を繰り返すことで筋肉が硬くなり、付着しているお皿やすねの骨を引っ張ることで痛みが発生します。
症状としては徐々に進行することが多く、慢性的な痛みになっている選手が多いため、スポーツへの復帰に時間がかかってしまうことが多いです。

ジャンパー膝の3つの種類

ジャンパー膝といっても3つの種類があります。

1、膝蓋腱炎

膝蓋腱炎 圧痛部位これは膝蓋腱そのものが痛みます。膝蓋腱炎の中には、太ももとお皿の付託部・膝蓋腱とお皿の付着部・膝蓋腱とすねの骨の付着部と3つのポイントで痛みが出ます。
中でも、膝蓋腱とお皿の付着部での痛みの発生がもっとも多いです。

①大腿四頭筋とお皿の付着部

②膝蓋腱とお皿の付着部⇒最も多い

③膝蓋腱とすねの骨の付着部

 

1-1 膝を曲げて押すと痛みが増す

膝を伸ばした状態でも写真の3つのところを押すと痛いのですが、大腿四頭筋の一つである、大腿直筋という筋肉がお皿に付き、そこから膝蓋腱となってすねの骨まで付くので、この筋肉が硬くなると膝蓋腱も硬くなってしまいます。膝を曲げると余計に筋肉や膝蓋腱も硬くなり、押しての痛みが強くなります。

ジャンパー膝 圧痛テスト

1-2 膝を曲げていくと痛む

痛みがない人の場合は、膝を曲げても筋肉に柔軟性があるのでお皿の周りは痛くならないのですが、太ももの筋肉が硬い人は膝蓋腱も硬くなるので、膝を曲げていくと筋肉が伸びてくれないために痛みが出ます。

1-3 うつぶせでかかとがお尻につかないで痛みが増す(大腿直筋短縮テスト)

本来、太ももの柔軟性があればうつぶせて膝を曲げた時に踵がお尻に付くのですが、太ももが硬い場合かかとがお尻に付く前に痛みが出てしまいます。

大腿直筋短縮テスト

2、膝蓋下脂肪体炎

膝蓋下脂肪体炎 圧痛部位膝蓋下脂肪体とは、膝蓋腱と骨の間にあるクッションです。このクッションがあるおかげで膝の曲げ伸ばしがスムーズに出来ます。
また膝を伸ばす時は膝蓋腱が膝蓋下脂肪体を前方に移動させてくれることで、完全に伸ばすことが出来ます。
膝を伸ばす時に膝蓋腱が硬くなっていると膝蓋腱の動きが悪くなり、脂肪体の前方移動が不十分になってしまいます。
そうすると、膝蓋下脂肪体の前方移動が不十分だと膝蓋下脂肪体が膝蓋腱と骨の間に挟ってしまい、痛みが出てきます。
膝の下が痛むのはこれが一番多いです。

2-1 膝を伸ばして押すと痛みが強い

膝を曲げて膝の下を押しても痛みは弱く、膝を伸ばした状態で押すと痛む。これは膝を伸ばすことで膝蓋腱がゆるみ、押した刺激が脂肪体部に達するからです。

ジャンパー膝 圧痛テスト3

2-2 膝を伸ばしきると痛む

膝を伸ばすときは膝蓋腱が脂肪体を前方に移動するので、膝蓋腱、脂肪体の動きが悪くなっていると前方移動が不十分になるので、挟まれたような強い痛みがでる。

3、膝蓋腱深層部分断裂

これは膝蓋腱が部分的に断裂してしまうものです。
部分断裂してしまうと、運動をしながら治していくことが難しくなり、治療に長期間かかります。
また症状が改善されてスポーツに復帰できても、押しての痛みは残りやすいです。

部分断裂してしまう例はほとんどありませんが、症状が強い場合は注意が必要です。

3-1 膝を伸ばした状態で、お皿の下側からえぐるように押すと痛みがある

膝を伸ばした状態で、お皿の下をえぐるように押すと強い痛みが発生します。
これは、膝蓋腱の部分断裂している部分を直接触診するために発生する痛みです。

ジャンパー膝 圧痛テスト2

3-2 大腿直筋短縮テストは異常なし

膝蓋腱が部分断裂しているので、筋肉や膝蓋腱が引っ張られません。そのため膝を曲げていっても痛みはありません。

3-3 スクワットをすると痛む

スクワットの姿勢で60°~80°ぐらい曲げた状態で痛みを感じます。
膝を60°ぐらい曲げた状態のときに膝蓋腱へストレスが加わるので、断裂している部分に痛みを感じます。

4、ジャンパー膝を改善するために本当に必要なこと

ジャンパー膝は上記で説明したように膝蓋腱炎、膝蓋下脂肪体炎、膝蓋腱深層部分断裂があり、膝自体の治療はそれぞれ変わってきます。
それと同時に大事なのはジャンパー膝は全身のチェックをする必要があるということです。
膝の下が痛い選手で、膝だけが悪いということはほとんどありません。
股関節や足首の柔軟性が落ちていたり、体幹の安定性が少なく、それらをかばっていて膝の下が痛むことが多いです。
そのため膝の下に電気治療を行ったり、湿布を貼っているだけだと、その時点では痛みが軽くなりますが根本的には改善されていないので、再発につながってしまいます。

スクワット 正しい姿勢スクワット 悪い姿勢

多くはスクワット、ジャンプ着地、しゃがみ動作などで痛みを訴えます。
ジャンプ着地などは左写真のように骨盤が前傾(骨盤が前に倒れている状態)していると膝の負担があまりかかりません。
しかし右の写真のように骨盤が丸まってしまうと、膝の負担が大きくなり、これを繰り返しているうちにジャンパー膝になってしまいます。
そのため、運動療法を行いこの姿勢を作れるようにしていくことが大切になります。

ジャンパー膝の改善に必要な運動療法につきましては、「ジャンパー膝を再発させない治療法」に詳しく記載してありますのでご覧ください。

まとめ

ジャンパー膝には、膝蓋腱炎・膝蓋脂肪体炎・膝蓋腱深層部分断裂に3つの種類があります。
また、上記で説明した1つ1つの症状を確認すること3つの種類のうち自分がどのタイプなのかを見極めることができます。
そして、改善していくために必要なことは全身をチェックして全身の悪い部分を改善して膝に偏った負担をかけないことが必要になります。
ジャンパー膝は、治らない障害ではあります。
しっかり治療していけば、必ず良くなりますので治療しましょう!

こばやし接骨院でのジャンパー膝の治療の手順

こばやし接骨院では、最新の治療機器を取り揃えているためジャンパー膝の治療をスムーズに行うことが出来ます。
また、治療と並行して運動療法を行っていくため上記で説明したいい形の姿勢を作れるようになります。
そのため、再発の可能性がかなり低下します。

詳しくはこちら

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*