肘の痛み

野球肘後方型を治すための必要な知識と治療について

野球をしていてボールを投げる時に肘の後ろが痛くなっていませんか?
野球肘と聞くと、肘の内側や外側をイメージする方が多いと思いますが、肘の後方が痛くなる野球肘もあるんです。
このページでは、野球肘の中でも後方型について詳しく説明していきます。

肘の後方が痛む野球肘について

1.野球肘とは?

野球肘とは、ボールを投げたときやその後に肘がズキズキと痛みます。
肘の内側や外側などを指で押したり、肘を反らせたりしても痛みを感じます。
状態が悪化していくと肘の曲りや伸びも悪くなる場合があり、運動に制限が出てきます。

2.肘の後方が痛むタイプの野球肘 

肘の後方が痛む野球肘は、大きく分けて2つのタイプに分けることが出来ます。
まずは、その一つ一つについて説明していきます。

続きを読む

野球肘外側型離断性骨軟骨炎を治すための知識と治療について

このページでは、野球肘の中でも離断性骨軟骨炎について詳しく説明してきます。
野球肘の中で一番注意しなければいけないといっても過言ではない離断性骨軟骨炎。
離断性骨軟骨炎は、無理して野球を続けていると肘関節が変形したり、曲げ伸ばしに運動制限が残ってしまうためその後の野球人生や日常生活に大きな影響を与えるケガです。
そうならないためにも、早期に発見し治療を開始する必要があります。

このページでは、離断性骨軟骨炎がどのようなものか・予防や対策そして治療法について紹介します。

肘の外側が痛むタイプの野球肘について

1.野球肘とは?

野球肘とは、ボールを投げたときやその後に肘がズキズキと痛みます。
肘の内側や外側などを指で押したり、肘を反らせたりしても痛みを感じます。
状態が悪化していくと肘の曲りや伸びも悪くなる場合があり、運動に制限が出てきます。

続きを読む

野球肘内側型を治すために必要な知識と治療について

このページでは、野球肘の中でももっとも多い内側型について詳しく説明していきます。
内側型といっても、筋肉を痛めるものや靱帯を痛めるものなど症状は様々です。
そのため、今回はそんな内側型の野球肘についての痛みが起こるメカニズムやどのようなものがあるのかを紹介していきます。

肘の内側が痛むタイプの野球肘について

1、野球肘とは?

野球肘とは、ボールを投げたときやその後に肘がズキズキと痛みます。
肘の内側や外側などを指で押したり、肘を反らせたりしても痛みを感じます。
状態が悪化していくと肘の曲りや伸びも悪くなる場合があり、運動に制限が出てきます。

2、肘の内側が痛むタイプの野球肘

肘の内側が痛む野球肘は、大きく分けて3つのタイプに分けることが出来ます。
まずは、その一つ一つについて説明していきます。

続きを読む

野球肘を早期に根本的に治すための治療法

「ボールを投げると肘が痛い」
「肘を曲げきることが出来ない」
そんな症状を抱えている方は野球肘かもしれません。

野球肘になってしまうと、ボールを投げる度に痛みが走りボールを投げることが怖くなってしまいます。
また、肘の痛みを無理して投げていると、肘を痛みをかばうようなピッチングフォームになり肩や腰など他の部分が痛くなってくることもしばしばあります。

小学生や中学生などの選手に多く見られる症状で、大会が迫っていたり、レギュラー争いをしていると痛みを我慢してプレーを続けてしまい大変なことになってしまうケースもあるのです。

私も、学生時代野球をやっていましたので痛みを我慢してでもプレーを続けたい気持ちはすごくわかります。

しかし、その無理があなたの野球人生を台無しにする場合があることを知って頂きたい。
今無理してしまったせいで、高校野球を満足に出来なかった。などといったこともあるのです。

野球肘の中には、絶対に安静にしなければいけないものから練習を行いながらでも治っていくものまで様々な症状があります。
そのため、一度しっかり診察してもらうことが大切なのです。

野球肘の場合は、症状の度合いにもよりますが肘を治すことに専念することが出来れば1ヶ月前後で野球に復帰できるものがほとんどです。そして、すべての野球肘が絶対に運動してはいけないというわけではありません。
「病院にいったら野球を休みなさい」と言われるから行きたくないという子もいると思いますが、絶対に休まなければいけないというわけではありません。

これから野球肘になる原因と、早期に治すための治療について紹介していきます。

続きを読む