かかとの痛み

子供のかかとの痛み踵骨骨端症の治療法

お子さんがかかとを痛いと訴えてきてお困りになっていませんか?
また、病院にいったらセーバー病もしくは踵骨骨端症などと診断されて「成長期の間はうまく付き合っていくしかないよ」などと言われてしまったりしていませんか?
しかし、セーバー病(踵骨骨端症)は成長期だから成長が止まるまで痛みがなくならないわけではありません。

痛みの起こっている原因をちゃんと理解し、適切な対応とすれば痛みはなくなります。
このページでは、セーバー病(踵骨骨端症)の痛みが起こる原因から治療方法まで紹介しています。

子供のかかとの痛み踵骨骨端症の治療法

1、踵骨骨端症の症状とは?

踵骨骨端症になると、

  • かかとを押すと痛い
  • 走ると痛い
  • ジャンプすると痛い

などの症状があります。
この症状は、小学生ぐらいの子供に多く発生するため成長痛などと成長期だから仕方のない痛みと間違った認識をされてしまうことがあります。

しかし、踵骨骨端症は成長期だから必ず起こる痛みではありません。
大人になるまでにすべての人が痛くなるわけではないのです。
では、どのような原因によって痛みが発生してしまうのでしょうか?

続きを読む

足底筋膜炎を早期に治す治療法

「足底筋膜炎」と診断されて、どれぐらいの月日が経っただろうか? 
「足の裏の筋肉が硬いからマッサージしましょう」 「負担がかかり過ぎてますから安静にしてください」 などと言われて治療しているが、全然完治しない。
という、経験をさせていませんか?

足底筋膜炎は、適切な治療を行うことで必ず完治します。
あなたの足の裏が痛くなっている原因はしっかり把握していますか? 
その根本的な原因をなくすために、マッサージ以外になにかやっていますか?
「あれ?使い過ぎだからマッサージするしかないんじゃないの?」 と、思った方は足底筋膜炎の治療が間違っているかもしれませんよ。

足底筋膜炎は、マッサージするだけでなく足の裏に過剰にかかっている本当の原因を取り除かなければ良くなりません。
このページでは、そんな足底筋膜に大きな負担がかかる原因から治療法まで紹介していきます。

足底筋膜炎を早期に治す治療法

まずは、足底筋膜炎について説明していきます。

1.足底筋膜炎とは?

足底筋膜炎とは、足の指の付け根からかかとまで、足の裏に膜のように張っている足底筋膜に炎症が起き、小さな断裂を起こして足の裏に痛みをきたしているものを言います。
痛みの起こる部分として、かかとが痛くなることがもっとも多く、その他に足の裏の真ん中や指先に近い足底筋膜に痛みが出ることもあります。

続きを読む

アキレス腱に痛みが出る大きな3つの原因

「歩き始めにかかとの後ろが痛い」
「マラソンなどの長距離を走るとアキレス腱が痛い」などのかかとやアキレス腱の痛みに悩んでいませんか?
それはアキレス腱に異常をきたしているかもしれません。
ではあなたのアキレス腱はどうして痛んでしまったのでしょうか?

アキレス腱に負担がかかりアキレス腱が硬くなったからと思われたは正解です。

ではなぜアキレス腱は硬くなってしまったのでしょうか?
このなぜアキレス腱が硬くなってしまったかというのはとても大切で、アキレス腱の痛みを解消しようと思った時に、アキレス腱がなぜ硬くなったかというのがわからなければ痛みを取り除くことは出来ません。
アキレス腱が硬くなり痛む原因として、足部のアライメント異常や関節の可動域制限といったことが原因となってきます。
今回はそんなアキレス腱が痛む原因について詳しく紹介します。

続きを読む

受付時間:平日は夜9時30分まで受付!